仕事&マネー 事務職キャリアの新しい選択肢!未経験からでも習得できる「RPA」って?

「将来、事務の仕事はロボットに奪われちゃうの?」

AI(人工知能)技術の進化を耳にするたびに、そんな不安に駆られる人もいるのではないでしょうか。「まだ先のこと」「今からキャリアを見直した方がいい」など、さまざまな声があふれています。

そこで「事務職 自動化」「事務職 なくなる」といったキーワードで検索してみると……あることに気づくのではないでしょうか。そう、「RPA」に関する記事が多く表示されるのです。RPAって……何?

RPAの仕組みや、事務職にどんな影響がありそうなのかなど、パーソルテンプスタッフ株式会社の小野田聖子さんに話を伺いました。

このままだといけないのはわかっているけれど……。

ロボットが事務職の仕事を奪うって本当?

--RPAとは一体何なのでしょうか。

RPA(Robotic Process Automation)は、パソコン上で行う一連の作業を、ロボットを使ってボタン一つで完了させる技術です。ルールを設定すれば、決められた動きを自動で実行してくれます」

--Excelのマクロ機能のようなものでしょうか。

「マクロ機能は限られたツールの中だけでしか動かせませんが、RPAはさまざまなツールを横断して自動化できます。

例えば、ExcelデータをもとにOutlookメールで取引先にデータを報告する業務は、次の6つの工程で構成されていますよね。

1.「Excelを立ち上げる」
2.「データを整える」
3.「Outlookを立上げる」
4.「Excelのデータをもとにメールアドレスを入れる」
5.「メール文面にデータを入れる」
6.「送信する」

RPAは、この工程をPC上の専用ツールを使って、自動で行うように設定するもの。設定後は、ボタン一つクリックするだけで、すべての工程が自動的に進むようになります。

現在、業界を問わず、多くの企業がこのRPAを導入して業務効率化を図っています。コロナ禍でより注目されていると感じますね」

1 2