仕事&マネー 今度こそ続けられる!iPhoneで使える家計簿アプリおすすめ3選

アナログの家計簿に比べて機能性に優れ、より気軽に使える家計簿アプリはマネーマネジメントをする上でとても優秀なツールです。しかし一度使い始めたアプリは、使いにくさを感じたとしても、何度も乗り換えるのは面倒……。ストレスフリーで使い続けたい家計簿アプリだからこそ、自分にぴったりなものを選ぶことが大切です。

この記事ではマストといえる機能をご紹介し、それらが搭載された家計簿アプリを3つ厳選してご紹介します。今つけている家計簿アプリに使いにくさを感じていたり、アナログの家計簿からアプリに移行しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

家計簿アプリは続けやすさが一番大事

家計簿をつけるにあたって一番大事なことは、なんと言っても継続です。「家計簿をつけよう!」と意気込んでも、三日坊主で終わってしまっては意味がありませんよね。日々流動する収支を記録し続けることは、多くの人にとって簡単なことではないでしょう。そのため、その作業をどれだけストレスなく行えるかがカギになります。

ストレスなく続けるには…?

では、自分にとって一番使いやすく続けやすい家計簿アプリを選ぶにはどんな点に注意すればいいのでしょうか。選ぶポイントは次の4つです。

1.シンプルな操作性

機能が充実していても、使いこなすのが難しいと面倒になりがちです。スムーズに収支をつけられるシンプルな操作性は、長く使い続けるにはとても重要な要素といえます。

例えば、トップ画面が一番よく使う支出入力画面に設定されていることや、使ったお金が「現金」なのか「カード」なのかを毎回選択しなくても良い仕様になっていれば最小限の操作で済み短時間で記入が完了します。

2.デザインの見やすさ

自分に合わないデザインのアプリだと、使い続けること自体がストレスになってしまいます。そのため「ホーム画面やカレンダーの構成(何曜始まりかなど)」「グラフのデザイン」「文字の大きさやフォント」「収支アイコンの豊富さやデザイン」など、パッと見たときに感覚的に見やすいと感じるものを選ぶのがおすすめです。

基本的にシンプルなデザインのものは見やすく飽きにくいと言えますが、好きなキャラクターのアプリを使うことで家計簿を続けるモチベーションに繋がるのであれば、可愛さ重視のデザインのものを選ぶのも良いでしょう。

3.有料か無料か

現在流通している家計簿アプリは、ほとんどが無料でダウンロードできます。しかし、一定の無料期間を終えたら月額制になるものや、全ての機能を解放するにはアプリ内で課金が必要なものがあります。

機能性や使いやすさはそれぞれのアプリによって異なるので、必ずしも有料のものが使いやすいという訳でもありません。無料で使い続けたいという方は、月額制のものなど課金が前提となっているアプリには注意しましょう。

4.口座やカードとの連携が必要かどうか

銀行口座やクレジットカードと連携できる機能は、効率的にマネーマネジメントをする上で非常に大事です。ただ連携させることが不安な方、極シンプルな機能と操作性を求める方はこの機能のない家計簿アプリをおすすめします。

おすすめの家計簿アプリ3選

ではここからは、以上のポイントを踏まえた、使いやすいおすすめの家計簿アプリを3つご紹介します。

家計簿おとなのおこづかい帳

シンプルなデザインで操作しやすい

一つ目はこちらです。登録などが不要ですぐに始めることができます。「家計簿アプリはスタンダードな機能性で十分」と考えている方に特におすすめです。
銀行やクレカとの連携はできませんが、シンプルだからこそ使いやすい操作性が魅力です。

料金

基本的に無料で利用できますが、広告を非表示にする場合は370円、バックアップ復元機能のロック解除をするには250円課金する形になります。それなりの機能性を持ちながら、無料のままでも特に物足りなさを感じずに使い続けられる点では優秀なアプリといえるでしょう。

おすすめポイント

機能はシンプルですが、その分、操作がわかりやすくストレスを感じることもほとんどありません。また、それでいて各項目のカスタマイズ性が高いのもこのアプリのおすすめできるところです。

よく使う収支の各項目をタグを作成してまとめたり、収支の各カテゴリもデフォルトで登録されているものの他に十分な数を追加できます。

また、月々の予算を設定すれば、残り総資産に加えて今月あといくら使えるのか、またそれは1日あたりいくらなのかを自動計算し、表示します。

シンプルでいて柔らかい雰囲気の飽きのこないデザインもポイントです。

マネーフォワード ME

ユーザーからの評価も高いマネーフォワード

マネーフォワード MEは、TVCMなどで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ほかの家計簿アプリと比べ、群を抜いて豊富な機能を備えていることが最大の特徴といえます。

料金

こちらはApp Storeでは無料でダウンロードできますが、アプリ内課金として、月額プランのプレミアムサービスは480円/月、年額プランは5,300円/年かかります。最初の1ヶ月間は、お試し期間として無料で利用できます。

おすすめポイント

マネーフォワード MEのおすすめポイントは、銀行やクレジットカード、各種通販サイトに加えて株や投資信託、暗号資産などとも連携できる点です。これによりアプリ上で各出入金の把握ができ、自動で家計簿をつけることができます。

また、スマホのカメラでレシートを撮影することで、情報をスキャンして自動で入力する自動読み取り機能があります。たくさん買い物をした際に商品一つ一つを手入力する手間が省けるので、非常に便利です。

また、「ウィークリーレポート」という一週間の支出の振り返りを作成してくれます。こちらも週の支出が一目で分かる上に使いすぎなどのアドバイスももらえるなど、他のアプリにはない機能が備わっています。

シンプル家計簿

自分好みのテーマカラーを選べる

銀行やクレカとの連携、レシートの自動読み取り機能はついていないシンプルなつくりで、基本的な機能を確実に抑えた家計簿アプリです。App Storeでは圧倒的に多くの人にレビューされていて、評価も非常に高く人気です。

料金

基本無料で利用できますが、プレミアムサービスにアップグレードすることでより充実した機能を利用することができます。料金は、プレミアムサービスへのアップグレードは860円、広告削除のみは490円となっています。

おすすめポイント

複雑な機能や操作を省くことで収支の管理のしやすさを追求することをコンセプトとしています。収支の年・月・累計の詳細レポートを自動で作成してくれたり、ExcelのCSVファイルやPDFで出力ができたりと、細かい機能性が充実しています。

また、アプリのテーマカラーやアイコンはそれぞれ20種類以上から選ぶことができ、デザインのカスタマイズ性が高いことも魅力です。アプリ全体の色味やデザインの雰囲気は、最初にご紹介した「家計簿大人のおこづかい帳」よりもビビッドでシステマティックな印象です。

今回は、使いやすく続けやすいおすすめの家計簿アプリを3つご紹介しました。家計簿アプリは数多くリリースされているためどれにしようか悩んでしまいがちですが、使いこなせるようになると簡単に収支が管理できるようになるため、とても便利なツールです。それぞれ機能性や料金など特徴が違いますので、ぜひご自分に合ったアプリを見つけ、マネーマネジメントに役立ててくださいね。