仕事&マネー 仕事をしていて「品がない」と思われる人の特徴4つ

常識というものは時代に合わせて変化するものですが、それでも他人を傷つけない、秘密を守るといったことは、最低限のこととして身につけておきたいものです。

今回は、一緒にいるとヒヤヒヤしてしまう、品がないと思われる人の特徴を挙げていきます。

仕事の能力に関係なく、一緒に仕事をしたくないと感じる人はいませんか?

1.噂話・陰口が大好き

皆さんの職場にも、噂話や陰口が大好きな人が1人や2人、いるかもしれません。巻き込まれたくないからと距離を置こうとすれば、「あの人は付き合いが悪い」「秘密主義で何を考えているかわからない」など、どこまでも相手の粗を探すでしょう。自分は何でも知っている情報通であると示すことで、職場内で優位に立とうとする人たちもいます。

事実でないこと、自分で実際に目にしていないことも、あたかもそうであるように話し、面白おかしく勝手に話を広げるので、周りからは「品がない」要注意人物と思われているのですが、本人は全く気づいていないという痛々しさがあります。

2.「あの人さえいなければ……」と思っている

「あの人さえいなければ、私はもっと活躍できるのに」
「私の方がもっとできるのに」

納得できない現状を他人や環境のせいにするだけで、自分を見つめ直さない人がいます。自分に対する自信のなさの表れなのかもしれません。

自分では気づいていないとしても、周りはよく見ているもの。他人を落とすことで、自分を高めようとする面に、品のなさを感じているかもしれません。

1 2