仕事&マネー 転職を繰り返しても「仕事がうまくいかない人」の4つの癖

人には得意・不得意があるため、ある仕事では力を発揮できても、別の仕事ではどんなに努力をしても成果を出せないということがあります。ですから、「仕事ができない人」というのは存在しないのかもしれません。

しかしながら、いつも「仕事がうまくいかない人」はいます。自分が活躍できる場を求めて、転職や異動を繰り返しても、いつも納得いかないことばかり……という人は、普段のコミュニケーションを見直してみるといいかもしれません。

転職・異動を繰り返しても、力を発揮できる職場に出合えない……

1.他人の話を聞かない

人は自分の知っていることの中からしか、何かを選択することができません。そのため、自分の枠内だけで仕事をしていると、いつまで経っても成長できなかったり、変化に対応できなかったりします。経験が長く、自分の能力に自信がある人の中には、なかなか他人の話を受け入れたくないという人もいるようです。周りの人も戸惑ってしまって、今後何かあってもアドバイスはしづらいな……と躊躇するようになるかもしれません。そしてそんな周りの態度を見て、「私には何も教えてくれない……」と思い込む人もいます。

2.気持ちの切り替えができない

何か失敗をしてしまったとき、反省することは大切ですが、いつまでも引きずると仕事に悪影響を及ぼします。「どうせ私なんて……」という気持ちは、新たなチャレンジを阻害するものですし、「この人、本当に大丈夫かな」と周りの不安を増大させるでしょう。開き直りではなく、気持ちを切り替えること。これも大切な能力の一つです。

もし、あなたが接客の仕事をしているとして、お客様からハードクレームを受け、とても落ち込んでしまったとします。そのネガティブな雰囲気を次のお客様に感じさせてしまったらどうでしょう。きっと次のお客様は「なんだか態度が悪いな」とネガティブな想いを抱いてしまうのではないでしょうか。お客様にとって、前のお客様とのことは、全く関係のないことです。

1 2