仕事&マネー 買い物好きはチェック!株価が安くなっている百貨店の「株主優待」の内容

お得に買物できると楽しい!

株主優待とは、株式を購入するとその企業の自社サービスや自社製品などを受け取れたりすることを言います。百貨店の株式は、その百貨店の割引サービスを受けられるのが特徴です。

今回は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、株価が安くなっている百貨店株主優待をご紹介させていただきます。

百貨店の株価が安い背景

百貨店は、どのように利益を得ているのでしょうか?

百貨店が小売業といわれる所以でもありますが、百貨店は商品の仕入から深く関わり、その売上は百貨店の売上につながります。それに対し、ショッピングセンターは専門店に「場所」を貸すだけで、その仕入販売には関わらず、その賃借料が収入源としています。

百貨店は自らも仕入、販売を手がける小売業を営み、ショッピングセンターが不動産業であるのと異なります。近年収益源の多様化から、百貨店もその立地を生かし場所を貸すということも行っていますが、百貨店の売上の増減の基本はその販売高です。百貨店が扱う商品は高額品が多くその利益率は高いのですが、販売できないと売上は大きく落ち込んでしまいます。

百貨店の売上は郊外のショッピングモールなどの増加により減少傾向でしたが、コロナ前までは海外の旅行客、特に中国人旅行客によるインバウンドいわゆる「爆買い」により大きく回復していました。そこに新型コロナウィルス感染拡大が直撃し、インバウンドがなくなり売上高は急減していましました。

2021年6月の売上高は未だコロナ前の水準には戻ってきてはいないものの、前年同月比2~7%の増加となりました。コロナ禍でも株高や海外旅行に行けないことなどを背景に、富裕層による高額品への需要が伸びており、ラグジュアリーブランドや宝飾品、高級時計、美術品、貴金属等の高額品の売上が好調となっています。

株価は2020年夏から戻ってきていますが、未だコロナ前の水準には戻っていない状況です。これまで高くて手に入りずらかった百貨店の株主優待も、割安に手に入れるチャンスです。株主優待で得られる割引を考えると、投資金額を早期に回収できる水準でしょう。

百貨店の株主優待ご紹介

百貨店は店内の販売を直接担っていることから、その株主優待の割引がほとんどのお店に利用できるのがメリットです。例えば、イオンの株主優待による割引は直営のスーパーなどに限られますが(イオンモールの株主優待はギフト券)、百貨店は店内のほとんどのお店に使えます。

(最低投資金額は2021年7月6日終値で計算しています)

高島屋(8233)

(株)高島屋【8233】:チャート – Yahoo!ファイナンス

10%割引を受けられる株主優待カードが受け取れます。支払方法は、現金、タカシマヤカード、全国百貨店共通商品券、百貨店ギフトカード、友の会買物カード外商お得意様カード等に限られ、他社のクレジットカードでは利用できず、タカシマヤカード決済でもポイントは付与されません。

シャネルなどのハイブランド店には利用できませんが、店内のほとんどの洋服店やデパートコスメで利用可能です。

文化展等の有料催事の無料鑑賞が可能です。

三越伊勢丹ホールディングス(3099)

(株)三越伊勢丹ホールディングス【3099】:チャート – Yahoo!ファイナンス

10%割引を受けられる株主優待カードが受け取れます。支払方法は、現金、エムアイカード、全国百貨店共通商品券、百貨店ギフトカード等に限られ、他社のクレジットカードでは利用できず、支払い時にポイント使用することができません。

シャネルなどのハイブランド店には利用できませんが、店内のほとんどの洋服店やデパートコスメで利用可能です。レストランや美容室は5%割引となります。さらに、駐車場1時間無料サービス、文化展等の有料催事の無料鑑賞、三越伊勢丹ニッコウトラベルの指定ツアー等が割引になります。

J.フロントリテイリング(3086)

J.フロント リテイリング(株)【3086】:チャート – Yahoo!ファイナンス

10%割引を受けられる株主優待カードが受け取れます。希望者に限り、パルコの買物優待クレジットカード(5%割引)に入会できます。

支払方法は、現金、大丸松坂屋カード、全国百貨店共通商品券、百貨店ギフトカード等に限られ、他社のクレジットカードでは利用できず、指定のクレジットカード決済時でもポイントは付与されません。

シャネルなどのハイブランド店には利用できませんが、店内のほとんどの洋服店やデパートコスメで利用可能です。文化展等の有料催事の無料鑑賞が可能です。

百貨店でよく買物するという方は、是非株主優待でお得に買物してみてはいかがでしょう。

さらに投資について知りたい女子に!
おひとりさま女子向けの堅実投資入門

「結婚したいけど、もししなかったら……?」「シングルの人生を謳歌したいけど将来は……」「今の夫と別れたら……」そんな漠然とした不安を抱えている女性は多いと思います。時代の変化も激しいので未来のことはどうなるかわかりません。ですが、備えあれば憂いなしです。将来のために今できるコトからコツコツ着実に進めてみてはいかがでしょうか?  本書では堅実女子向けの投資信託、iDeCo、ポイント投資に絞って解説。 オススメです!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

詳細はコチラ
https://www.shogakukan.co.jp/digital/09D091500000d0000000

文/大堀貴子
フリーライターとしてマネージャンルの記事を得意とする。おおほりFP事務所代表、CFP認定者、第Ⅰ種証券外務員。@DIMEでは主に投資関連の記事を執筆中。