仕事&マネー 本当は優秀なのに「仕事ができない人」と思われる理由4つ

「あの人は、どうしてあんなに優秀なのに、周りからの評価がそれほど高くないのだろう……」と思ってしまう人が、皆さんの職場にもいませんか?
もしくは、「私はこんなに仕事ができるのに、なかなか評価してもらえない!」ともどかしさを感じている人もいるかもしれません。

今回は、優秀なのに評価されない人の特徴や、そのような状況を生み出す職場の雰囲気について挙げていきます。

実力が正当に評価されない職場は少なくない?

1.上司がマウンティング気質

評価者である上司が、部下の実力を認めないと、どんなに優秀でも評価されることは難しいかもしれません。「なんて理不尽な……」と思ってしまうでしょうが、これは上司の、そして組織の評価体制の問題と言えるでしょう。

このような「出る杭は打たれる」雰囲気の職場では、優秀な人ほど早々に辞めていくことが多いよう。本当に優秀な人は、その能力の高さから転職もしやすいため、要らぬストレスを抱えてまで、理不尽な職場にしがみつく必要はないからです。

2.実力を皆の前で発揮する機会があまりない

「能ある鷹は爪を隠す」とはよく言ったもの。本当に優秀な人は、自分の能力をひけらかすようなことはしません。そんなことをしなくても、周りの人は皆その実力を認めているからです。これはその人の実力を周りが実感する機会があることが前提の話。

しかしながら、組織では、どうしても声の大きな人や、目に見えた成果を上げた人が注目を集めがち。例えば、総務など「あって当たり前」の対応を求められるような仕事は、なかなかその努力や成果を認められる機会がないかもしれません。ミスをした場合は、マイナス面が強調されてしまうでしょう。

他人に認められるために仕事をしているわけではないにせよ、誰かから認められることは、多かれ少なかれ、もっと頑張ろうというモチベーションになるのではないでしょうか。もし「もっと認めてほしい」という気持ちがあるのなら、仕事内容や成果を見える化して、自ら発信するといった工夫が必要になると考えられます。

1 2