仕事&マネー できる人は実践している、仕事に集中するための4つのこと

「在宅勤務では、なかなか仕事に集中できない!」と悩んでいる人もいるのでは?家族と一緒に住んでいたり、自室が仕事部屋とはいえない状況だったりすると、集中できないことが多いですよね。かといって、この状況では出社したり、どこかのカフェやコワーキングスペースで仕事をしたり、といったことも難しいかもしれません。

環境がどうであれ、仕事では成果を出すことが求められるもの。今回は、仕事に集中するためのヒントをお伝えします。

1.時間割をイメージする

「このタスクは午前中に完成させる」
「今日中にはこの部分まで終わらせよう」

仕事ができる人は、時間を意識しているものです。仕事に取り掛かる前に、仕事の優先順位を決めています。時間がかかりそうな仕事や、早めの対応が必要な仕事を理解しているので、「気がついたら締め切りだった」「実は他のメンバーの協力が必要だった……。でも、今からお願いしたら間に合わない」なんてことはありません。もちろん突発的な変更が入ることもありますが、最初から仕事の全体像を把握しているので、目の前の仕事に集中することができるのです。

2.すべてのメールやチャットに即レスはしない

マルチタスクが得意な人も中にはいますが、全ての仕事を同時に、それも同じようなクオリティで仕上げられる人はそれほど多くありません。前述の通り、仕事ができる人は優先順位を決めているのです。

それは、メールやチャットに対する返信も同じ。返信がはやいと、「この人はテキパキ仕事を進められるのだろう」といった印象を抱くこともあるでしょう。しかし、すべてのメールやチャットに即レスすることを心がけるのであれば、他の仕事を中断してでも、しょっちゅう受信状況をチェックしなければなりません。それではなかなか仕事に集中できないのではないでしょうか。

「この1時間はメールやチャットを確認しない」など、メールやチャットから離れる時間を意識して作ります。

1 2