仕事&マネー 「銀行口座使い分けテク」でラクに効率よくお金を貯める方法

将来のためにお金を貯めたいけれど結局なかなか貯まらない…、と悩んでいませんか? 一人暮らしでも何かと出費があると、貯金が後回しになってしまいがちですよね。

そこで、おすすめなのが、銀行口座の使い分けで貯金をする方法です。

使うお金と貯めるお金を分けておけば、お金の状況を目で見て簡単に把握できます。さらに、貯めるお金を先に確保しておけば、うっかり使わずに済むのでお金が貯まりやすいでしょう。

この記事ではこのように銀行口座を分けて効率よくお金を貯める方法について解説していきます。

銀行口座の使い分けテクで、金欠ループから脱出しよう!

お金が貯まらない行動3選

お金を貯めたいけれど、なかなか貯まらないと将来への不安も大きくなってしまうことでしょう。実は、お金が貯まらない人は以下の3つの行動をしている可能性があります。

これから効率的にお金を貯めていくためにも、一度チェックしておきましょう。

1. 使うお金と貯めるお金を分けて管理していない

お金の動きは大きく分けて、「使う」と「貯める」に分けられますが、両方を一つの口座でまとめて管理していると、どれくらい使って、どれくらい貯められているのかが非常にわかりにくくなります。

また、まだあるから大丈夫という安心感からお金を使ってしまい、気づいたら貯金分のお金がなくなっていた、なんていうこともあるでしょう。

2.生活費で残ったお金を貯金しようとしている

お金が貯まらない原因の一つに「生活費で残ったお金を貯金しよう」という行動習慣があげられます。

生活費は、家賃などの固定費と、雑費や食費などの変動費に分けられますが、特に変動費は、計画を立てずに使っているとどんどん金額は大きくなります。

変動費をしっかり管理できればよいですが、それでも残ったお金を貯金しようと思うと毎月の貯金額が安定せず、なかなかお金は貯まりません。

3.ちょくちょくお金を引き出している

3つ目のお金が貯まらない行動は、ATMでちょくちょくお金を引き出すことです。特に、ATMはお金の出し入れが非常に手軽であるので、こまめにお金を引き出していると、使いすぎてしまう可能性が大いにあります。

また、大まかな残高は確認できますが、入出金の履歴を見られないことから、お金の流れを把握しにくい点も、使いすぎてしまう要因であるといえるでしょう。

銀行口座を使い分けテクで効率よくお金を貯めよう

では、どのようにお金を管理したら効率よく貯金できるのでしょうか?次は、銀行口座を使い分けて効率よくお金を貯める方法について解説していきます。

貯金上手さんは銀行口座を使い分けている!

銀行口座はまず2つの口座で使い分ける

お金を貯めやすくするには、まずは「使う口座」と「貯める口座」を分けて持つことをおすすめします。

使うお金と貯めるお金が一緒になっていると、使う比率が高くなりやすく、毎月の貯蓄額も不安定になってしまいます。そのため、毎月確実に貯蓄していくには、口座自体を分けてしまうのが手っ取り早く効率がよいでしょう。

では、「使う口座」と「貯める口座」の役割と活用方法についてさらに詳しく解説していきます。

使う口座の役割と活用方法

使う口座は、生活費や固定費の引き落とし用として作ります。

活用の仕方としては、ちょくちょく引き出すのではなく、給料が入った後に、生活費分をまとめて引き出しておくと、無駄遣いを抑えられます。

例えば、食費2万円・雑費1万円・娯楽費2万円・美容費2万円と設定した場合、合計7万円を前もって引き出して分けて管理をします。

そうすることで、毎月の生活費にある程度の制限が設けられ、さらに、通帳で生活費の金額をしっかりと確認しやすくなります。

特に、家計簿をつけるのが苦手な方などは、上記の方法で生活費を管理すると、通帳でお金の流れが見えやすくおすすめです。

貯める口座の役割と活用方法

貯める口座は、毎月の貯蓄分を管理する口座として作ります。

使う口座が給料振り込み先であれば、給料が振り込まれた後に、貯蓄する分のお金を貯める口座に移します。

なお、お金の移動が面倒な方は定期預金などで、自動積立にすると、振り込みの手間がなく便利でしょう。

また、貯める口座をネット銀行にすることで、振り込み時にポイントが貯まるなどの+αのメリットを得られるので、口座選びの選択肢に入れてみるのもおすすめです。

余裕ができてきたら「増やす口座」を追加する

使う口座と貯める口座を分けて管理して、ある程度の金額が貯まってきたら、もうひとつ「増やす口座」を作ると、より効率よくお金を貯めることができます。

最近は、投資初心者でもはじめやすいNISAなどの投資信託が注目を集めており、これからやってみたいと思っている方もいることでしょう。

NISAは少額から投資が可能なため、貯金がそんなに多くなくてもはじめられますが、5,000円や10,000円など投資金額を大きくしていきたい方などは、増やす口座を投資用として作っておくと、お金の流れがわかりやすく管理がしやすいでしょう。

銀行口座を使い分けて将来のための先取り貯蓄をしよう

なかなかお金が貯まらないと将来への不安も出てきてしまうことでしょう。

私たちの生活の身近にある銀行は、ただお金を預けるだけでなく、使い方次第では貯金の大きな助けとなります。

今回紹介した銀行口座の使い分けテクは、誰でも簡単にはじめられる貯金方法であり、初期投資は口座開設時に入金する1,000円程度だけと、非常にコスパにも優れています。

貯金が苦手だった方も、これから、使うお金・貯めるお金・増やすお金を分けて管理して、将来のお金を効率よく作っていきましょう!

文/小林 愛加