仕事&マネー 新人が「馴染めない」「歓迎されていない」と感じる職場の特徴3つ

10月から職場に新しい仲間を迎えた人もいるのではないでしょうか。何事も最初の印象が大切。もしも「なんだか嫌な雰囲気の職場だな…」と思われたら、早期退職につながることもあるかもしれません。

「馴染めないかも…」と不安を抱かせる職場とは?

転職後、不安に感じることは

程度の差こそあれ、新しい職場で働くことに、多くの人は不安を抱いているでしょう。たとえ自らの意思で転職や異動をしたとしてもです。

その不安の正体は一体何なのでしょうか。

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」が実施した調査結果によると、転職後に不安を感じていたこととしては人間関係がうまくいくか(87.7%)、次いで、仕事についていけるか(85.2%)、職場(社風)になじめるか(82.3%)と続き、総じて「職場に溶け込めるか」という点での不安をほとんどの人が抱えていることが明らかになりました。

会社や仕事に対する理解は事前に深められますが、職場の人間関係や雰囲気は実際に入社しなければわからないものですよね。

新人が「馴染めない」「歓迎されていない」と感じる職場の特徴3つ

ここからは、新人に居心地の悪さを感じさせる職場によく見られる特徴を挙げていきます。

1.挨拶がかえってこない

新人は、まだ職場に知り合いが多くいません。人間関係も仕事内容もわからないことが多く、不安な日々を送っている人もいることでしょう。そんな中、誰とでも気軽にとれるコミュニケーションとして、挨拶があります。前向きに「おはようございます」「お疲れ様です」と声をかけて、もし誰にも返してもらえないことが続いたら、どんな気持ちになるでしょう。

「挨拶は返してもらうことを期待してするものではない」「たまたま気がつかなかっただけ」という人も中にはいるかもしれません。でも、仲間を温かく迎え入れる気持ちがあるなら、挨拶をいつも返さないということは、起こらないのではないでしょうか。

2.新人がくることをみんな知らない

新卒社員は一斉に入社してくることが多いので、あらかじめチームで受け入れ体勢を整えていることでしょう。しかし、中途入社や派遣社員の勤務開始などは、担当者のみ入社を把握している場合もあるようです。

その担当者が離席しているタイミングで出社すると、「今日からだっけ」「この人は誰?」といった反応をされ、居心地の悪さを感じてしまうことも…。

3.陰口や噂話で盛り上がる

無関心な雰囲気に戸惑ってしまう新人も多いですが、反対に信頼関係を築く前から、距離が近すぎる人たちに囲まれるのも動揺してしまうのではないでしょうか。

例えば、社内の人たちの陰口や噂話。誰がどんな仕事を担当しているのか、仕事の進め方の特徴など、仕事に役立つ情報はありがたいでしょうが、その人のプライベートなど仕事に関係ない情報まで共有されたら…。どう反応していいかわからないでしょうし、ほぼ初対面の自分にこんなことを言ってくるなんて、なんだか信用できない人たちだなと思ってしまうかもしれません。

実際、そのような人たちはもともと噂好きなので、「新しく入ってきたあの人、◯◯なんだって」と早速面白おかしく話を展開することもあるようです。

新人に1日でも早く馴染んでもらうために

新人がすぐ辞めてしまう職場は、雰囲気にも見直した方がいい点があるかもしれません。少しでも早く職場に馴染んでもらうために、今回挙げたような雰囲気がないか、振り返ってみてはいかがでしょうか。結果的にそのほうが、早く仕事で成果を出してもらいやすくなるでしょう。

【関連記事】
人望のある上司が自然にしている「部下の褒め方」4つ