仕事&マネー 数字オンチでもOK!株式投資は女性にこそオススメ【5年で資産10倍のスゴ腕講師が教えます①】

初めまして、個人投資家でファイナンシャルプランナーの藤川里絵です。

私は、今でこそお金にまつわる仕事をしていますが、数年前まで資産投資とは無縁の生活を送っていました。数字もまったく得意ではなくて、思いっきり文系脳。コツコツ貯金はしていましたが、投資なんて考えたこともありませんでした。

でも、30代の頃に「月に数万円の国民年金では、老後は絶対に暮らせない」と不安を抱き、人に頼らず自分の力で効率よく稼げるようにしよう! と一念発起。勉強して、資産運用を始め、5年で資産を10倍にしました!

いろいろな資産運用に挑戦しましたが、中でも女性に向いていると感じたのが「株式投資」です。

投資というと、数字に強い人がするものと思う人もいるかもしれませんね。でも実は、そんなことはありません。

ここからは、5年で資産を10倍にした経験をもつ私が、なぜ株式投資が女性にオススメなのか。経験を交えて紹介します。

株式投資は“流行り物に敏感な人”にぴったり!

株式投資は女性にこそ向いていると思っています。まずはその理由を説明していきますね。

日々の生活に投資先のヒントがある!

これから上がりそうな株を感覚で掴むことは、株式投資においてとても大事です。

「このお店、いつも行列ができているな」とか「最近、これを使っている人が多いな」と感じることってありませんか? また、テレビで「超人気の○○」と取り上げられたものを、思わず買ってしまったという経験もあるかもしれません。そういう方は株式投資に向いています。話題になるものをつくっているお店や企業は成長している場合が多いです。

つまり日々の生活でちょっと意識すれば投資先のヒントを見つけられます。

私も先日、「最近、コンビニの商品棚にラムネ菓子が充実しているな」と感じてメーカーをチェックして投資先の候補として検討しました。

あとは、雑誌も投資先の情報収集に役立ちます。特に広告を出している会社をチェックします。広告を出す=宣伝するお金がある=儲かっている証です。

経験上、とくに通販系の化粧品会社は株価が上がっている場合が多いですね。

難しく考えなくても、コンビニ、雑誌、SNSなど、普段の生活の中での情報収集が大切なんです。

トレンドに敏感な女性は強い!

世間の出来事が反映されるのも株式投資の特徴です。たとえば、2020年7月からレジ袋が有料化になった時は、エコバッグをつくるメーカーの株価が上昇しました。また、コロナ禍でも密になりにくいとゴルフ人気が高まった時は、松山英樹選手のマスターズ優勝などもあり、ゴルフ関連企業が盛り上がりました。さらに、東京オリンピックでスケートボードの選手が活躍しメダルラッシュで湧いた時は、スケートボードを販売する会社の株価がアップ。

世間で何が起こっているか。何が注目されているのかを掴むのは、トレンドに強い女性向きではないでしょうか。

こうした感覚をヒントに、実際の業績はどうなのか?と、自分で分かる範囲で調べれば、投資を始める準備はバッチリです!

難しく考えず、儲かっている会社を選ぼう

投資先を検討する際には事業内容が自分にとってわかりやすいことが大事です。事業内容を理解していないと、下がる理由も上がる理由も分からず、いつのまにか損することになりかねません。あと、儲かっている会社を選びましょう。以前と比べて売上高、営業利益が上がっていればOKです。たとえば、前年度比が110%の場合、去年から10%上がっているのは、計算しなくても分かりますよね。文系さんが「数字が苦手だから」と拒否しては、もったいないのです。

株を始めると世界がグーンと広がる

女性の中でも、とりわけ働く女性にとってうれしいポイントもありますよ。ここでは大きく3つ、私の経験を踏まえてご紹介します。

1 2