仕事&マネー 職場に信用できる人がいるという人は●%! あなたが信用できる相手は誰ですか?

仕事を進めるうえで、周囲とのコミュニケーションはとても大事なもの。仲間との関係や、オフィスの雰囲気が良好だと、仕事もスムーズですよね。エン・ジャパン株式会社が「仕事仲間との関係構築」についてのアンケートを実施したところ、6割以上の人が「職場に信用できる人がいる」と回答しています。その相手とは? 理由とは?

もっとも信頼できる相手は1位は「上司」

まず、前述の通り、職場に信用できる人がいるかについては、65%の人が「いる」と回答。さらに詳しく、その相手について聞くと、以下のような順位に。

職場で信頼できる相手
【総計】
1位:上司(58%)
2位:同年代の同僚(51%)
3位:年上の同僚(28%)

【30代】
1位:上司(56%)
2位:年上の同僚(46%)
3位:同年代の同僚(31%)

【40代】
1位:上司(64%)
2位:同年代の同僚(62%)
3位:年上の同僚(24%)

【50代】
1位:上司(50%)
1位:同年代の同僚(50%)
2位:部下(29%)

総計では、もっともポイントが高かったのは「上司」(58%)。年代別に見ると、30代は「年上の同僚」(46%)、40代、50代は「同年代の同僚」(40代:62%、50代:50%)という回答が上位に挙げられました。30代は知識や経験が豊富な年上に信頼を寄せる傾向にあることがわかります。

職場で仲間から信頼感を得るために必要なのは?

また、職場の人に信頼を感じる理由について、トップ3は、「仕事上のこともプライベートのことも腹をわって話せる」(50%)、「責任感がある」(48%)、「専門的な知識がある」(44%)でした。

年代別に詳しく見ると、30代は他の年代に比べ「説明がうまい・話がわかりやすい」(30代:46%、40代:27%、50代:18%)、「決断力がある」(同:38%、20%、21%)、「仕事が速い」(同:41%、19%、21%)といった項目のポイントが高く、仕事におけるスキルの高さに信頼を感じるようです。
一方、50代は「きちんと挨拶をする」(同:21%、24%、34%)、「嘘をつかない」(同:21%、17%、36%)、「悪口を言わない」(同:5%、12%、18%)といった人間関係を構築する上での基本的なスキルに信頼を感じることがうかがえます。

職場で仲間から信頼感を得るために必要なのは 「話しやすさ」「責任感」「専門知識」。

職場で仲間から信頼感を得るために必要なのは 「話しやすさ」「責任感」「専門知識」。

1 2