仕事&マネー 「質問しにくい上司」と思われる人の特徴5つ

仕事は「何をするか」だけでなく「誰とするか」も大切だといわれます。例えば、新人時代の人との関わりで、もっとも影響があるのが教育指導をする上司や先輩。特に、覚えることがたくさんある状況で、質問しやすい環境が整っているかは、その後の活躍に大きな影響を与えるのではないでしょうか。

今回は、「質問しにくい上司」の特徴と、そうならないためのポイントを解説していきます。

「質問しにくい上司」と思われる人の特徴5つ

職場で「質問しにくい上司」と思われる人は、どんな人なのでしょう。ここでは、よくありがちな特徴を挙げていきます。

1.「何でも聞いてね」と「そのぐらい自分で考えて」を気分によって使い分ける

上司によって、教育方針は違うもの。正解はありません。同じ上司であっても、「この人は丁寧にフォローする方がいい」「少し遠くで見ている感じがちょうどいいのかも」など、部下によって接し方を変える人もいることでしょう。

部下が混乱するのは、上司の態度に一貫性がなく、気分によってコロコロ変わる場合です。例えば、「何でも聞いてね」と言ったのに「そのぐらい自分で考えて」と言われるなど…。上司本人としては、「そんな自分で調べてわかることまで質問してくるなんて」と思ってしまうこともあるでしょう。しかし、特に新人や異動してきたばかりの人など、職場や仕事に慣れていない人は、「何がわからないかがわからない」こともあるでしょう。

苛立ちは相手に伝わるもの。もっと相手との距離が開いてしまうかもしれません。

2.教えられないから「自分で考えて」を使う

「自分で考えて」という上司の中には、「部下のために」そうする人と、「自分のために」そうする人の2パターンがいます。前者の上司は、部下に自分で考える癖をつけさせたい、本人の力になると思い「自分で考えて」というセリフを言います。一方、後者が「自分のために」そのセリフを使う場合は、実は上司本人がそのことを理解しておらず、説明できないだけということも多いです。部下に「自分で考えて」とだけ伝えて、その後なんのフォローもしません。

質問しても無駄…と部下に思われてしまうでしょう。また、このようなことが続く上司から、例え回答をもらっても、本当に正しいのか自信を持てないかもしれません。

3.自分の「当たり前」がみんなの「当たり前」

「やろうと思えばできる。努力が足りないのでは?」
「自分が新人のころは、もっと大変だったのに、これぐらいで弱音を吐くなんて」

人や時代によって「当たり前」は異なるにもかかわらず、自分の思い通りにならないとため息を吐く人たちもいます。仕事に対する責任感が強く、これまで他の人たちの何倍もの努力をしてきたからこそ、「努力しているように見えない」部下がいると、許せないと感じてしまうのかもしれません。

4.「大変」アピール

「ホント仕事を覚えてくれなくて〜」
「あの子の教育に時間が取られちゃって、自分の仕事がなかなか進まない!」

部下本人が目の前にいる、いないにかかわらず、「私って大変」アピールをしている人がたまにいます。部下や後輩を教育する際は、自分の仕事をストップして対応するなど、時間が取られるものでしょう。それはどんな人でもそうでしょうし、自分もそうやって教えてもらいながら成長してきたわけです。

「上司の貴重な時間をもらっている」ことをわかっている部下も多い中、自分が上司の重荷になっていると、改めて感じることがあったら、誰だっていい気分はしないでしょう。

「こんなこと聞いたら、また何か言われるかも…」と疑問を溜め込み、かえって仕事の効率が下がってしまうかもしれません。

5.自分の仕事をしながら回答

前項の「私って、大変」アピールは、何も言葉だけではありません。例えば、話しかけられても、パソコンを見たまま、キーボードを打つ手を止めずに回答するなど、片手間で教育しているようだと感じられることが毎回続いたら、質問しにくさを感じることでしょう。

「質問しにくい上司」にならないために

ここまで挙げてきた「質問しにくい上司の特徴」を踏まえて、そうならないためにできることを紹介していきます。

気づかずうちに、相手に威圧感を与えていることも。

普段のコミュニケーション

部下との普段のコミュニケーションを大切にしましょう。若い部下と共通の話題で盛り上がろうとしなくても、「挨拶を自分からする」など、ちょっとしたことでも構いません。自分はコミュニケーションをとることに対して、オープンであるということを示すことが大切です。

普段から円滑なコミュニケーションをとっていると、部下も質問もしやすいでしょうし、上司の性格もわかっているでしょう。そのため、たとえ何かの事情でドライな対応をしてしまったとしても、「忙しかったのかな」「体調が良くないのかも」と、それほど深く考えずに済み、その後も質問しにくい関係にはならないと考えられます。

ルールを決める

「この内容は、マネージャーしか判断できないので、すぐ質問していい」「この分野は自分で調べてから質問する」など、ある程度ルールを決めておくのも良いでしょう。といっても、新人の場合は、その区切りがどこにあるかさえもわからないことが多いので、「このデータや資料を見てもわからなかったら、質問する」など、具体的に示す方が対応しやすいかもしれません。

教育方針を伝える

上司の気分によって、教育方針がコロコロ変わるのは考えものですが、戦略をもって変えている場合もあるでしょう。例えば、慣れるまで丁寧にフォローしてきたけれど、これからは本当に必要だと判断したときしか手を出さない、などです。そのような雰囲気を感じ取ることができる部下もいるでしょうが、全員がそうとは限りません。中には、上司の急な対応の変更に動揺してしまう部下もいます。教育方針はあらかじめ、部下と共有しておくことも方法のひとつです。

「質問しにくい上司」は部下の可能性を狭めてしまう

部下が力を発揮できるよう、フォローしていくことも上司としての役割のひとつです。「質問しにくい上司」となり、部下の可能性を狭めてしまうことを避けるためにも、今回紹介したことを参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
人望のある上司が自然にしている「部下の褒め方」4つ