仕事&マネー 言われるがままに加入してない?賃貸住宅でも火災保険は自分で選んで保険料をおさえよう

賃貸のアパートやマンションを契約すると、ほとんどの場合は不動産会社から火災保険の加入を勧められます。多くの方は、不動産会社が契約している保険会社の火災保険に加入していることでしょう。

そもそも選択肢があることを知らなかった、という方もいるのではないでしょうか。実は、賃貸住宅でも自分で火災保険を選ぶことができます。

この記事では、賃貸住宅の火災保険の基本知識と、自分で選ぶ際の注意点について解説していきます。

不動産会社によっては、保険料が高めであることも珍しくはありませんので、これから賃貸住宅への引っ越しを考えている方や、すでに入居されている方も一度火災保険について見直してみましょう。

言われるがままに加入していませんか?

賃貸住宅の火災保険とは?

まずは、賃貸住宅の火災保険の内容をみていきましょう。

賃貸住宅の火災保険の内容

賃貸住宅における火災保険は原則的に大家さんが加入しています。そのため、建物自体への保険をかける必要はありません。

入居者が入る火災保険は、以下の3つに対するものです。

家財保険

火災保険の主契約となる補償が「家財保険」です。

家財保険は、家具や家電製品、その他自分の財産に対して補償がされます。

例えば、火災や水漏れなどのトラブルに見舞われて、自分の家財や家電製品が壊れてしまった場合、その損失額に応じて保険金が支払われます。

家財や家電製品が高額の場合は、補償を厚くして補償額も高くしておいた方がよいですが、そこまで高額でない場合は、補償額を必要最低限におさえておく方が経済的な負担が軽減できるでしょう。

借家人賠償責任保険

大家さんに対する補償が「借家人賠償責任保険」です。

借家人賠償責任保険は、万が一、自分の過失で火災やトラブルを起こし部屋が現状回復できなくなってしまった場合の賠償を補償します。

賃貸の契約では、退去時には部屋を現状に回復することと定められています。

そのため、自分の過失で火災で起こし、部屋を入居時の状態に戻せない状態にしてしまった場合には、賠償の責任を負うこととなります。

状況によっては高額になる可能性もあることから「 借家人賠償責任保険 」の加入は必須といえます。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、他人にケガや損害を与えてしまった場合に補償される保険です。

例えば、自転車で通勤中に歩行者にぶつかってしまい、その方が大けがをしてしまったというケースが該当します。

その他にも、自室で水漏れが起きてしまい、下の階の人の部屋が水浸しになってしまった場合なども補償の対象となります。

この個人賠償責任保険は、任意で追加できる補償であり、自動車保険や自転車保険でも加入が可能です。

火災保険は自分で選べる

アパートやマンションを含む賃貸住宅の契約時には、ほとんどの場合は不動産会社から火災保険の加入を勧められます。

多くの方はそういうものだと思って、不動産会社から勧められた火災保険に加入してしまっているのではないでしょうか。

実は、賃貸に関する火災保険は自分で選ぶことができます。

不動産会社によっては、賃貸の契約条件に指定の火災保険に加入すること、という条件が入ってるケースがあり、その場合は不可となりますが、そのような条件がない場合は自分で選ぶことができるのです。

そのため、少し勇気はいりますが、火災保険は自分で選べるかどうかは確認しておいた方がよいでしょう。

ただし、どうしても勇気が出ない方などは、火災保険の内容を自分で確認して、「指定の火災保険」といった内容がなければ、一度不動産会社の火災保険に契約して、その後、保険会社を乗り換えるのも一つの選択肢です。

火災保険の選びのポイント

火災保険を自分で選びたいけど、何を基準に選んだらいいかわからない、と思った方もいることでしょう。

火災保険を自分で選ぶ際には、補償内容と金額が自分のライフスタイルに合っているかをチェックすることが大切です。

以下の3つの補償ごとに選びの際におさえておきたいポイントについてチェックしていきましょう。

家財保険の補償金額は個人の財産を目安に決める

火災保険の主契約となるのが「家財保険」です。

高額の家具や家電製品、私物がある方は、それ相応の保険金額にしておくべきですが、そこまで家財が高額ではない場合は、保険金額が安く、最低限の補償があるものがおすすめです。

不動産会社から勧められる火災保険が高額である場合、家財保険の補償内容が非常に厚く、保険金額が高くなっている可能性もあるので、事前に他の保険会社の火災保険をチェックしておくと安心でしょう。

借家人賠償責任保険は1,000万円程度の補償が一般的

借家人賠償責任保険は、借りている部屋の原状回復義務を果たすための保険であり、万が一のために加入は必須です。

借家人賠償責任保険の一般的な補償金額は1,000万円~2,000万円となっており、それに応じて保険料が決定します。

古い賃貸アパートだから1,000万円もかける必要があるのか……と疑問に思う方もいることでしょう。

実際に、自室のみの小さな火災や水漏れによる破損だけでは修復費に1,000万円かかるケースは多くはないでしょう。

しかし、火災が大きく、自室だけでなく上下左右の他人の部屋まで影響を与えてしまった場合は、その分の賠償がかかってくる可能性もあります。

このようなことを踏まえると、1,000万円はかけておいた方が安心ではあります。

個人賠償責任保険はリスクを想定して決める

個人賠償責任保険は、他人にケガや損害を与えてしまった際の補償ですが、火災保険だけでなく、自動車保険や自転車保険、クレジットカードの付帯サービスなどでも加入できます

もし、すでに個人賠償責任保険に加入している場合は、基本的には賃貸の契約時に重複して加入する必要はありません。

すでに加入している個人賠償責任保険の補償内容が少なく、心配な方などは見直しをしてみてください。

なお、火災保険のプランによっては、個人賠償責任保険が付帯していることもあるので内容を確認してから契約をするようにしましょう。

火災保険の相場

最後に、火災保険の相場を3つの保険会社で比較してみましょう。

火災保険を自分で選んで保険料をおさえよう

賃貸の契約で勧められる火災保険は、よく補償内容と金額を確認しないと、必要以上の補償と保険料で契約してしまうことにもなりかねません。

不動産会社経由で契約するようになっていることもしばしばありますが、内容を読み上げて確認をしているときに「指定された保険に加入」といった内容がなければ、自分で火災保険を選ぶ権利があります。

もちろん不動産会社の勧める火災保険が補償内容・金額ともに適していれば問題はありません。もしも保険料が必要以上に高いと感じた場合は、勇気をふりしぼって一度持ち帰らせてもらいましょう。

そして、落ち着いて内容を確認し、補償内容と金額が適した火災保険を自分で選ぶようにしましょう。

文 / 小林 愛加