仕事&マネー 仕事ができるのに、なぜか職場で嫌われる人の特徴4つ

「仕事ができる人」というと、高い成果を上げ、チームに貢献する人というイメージがあるのではないでしょうか。こう聞くと、皆から頼りにされ、好かれている人というポジティブな印象がありますが、中には周りから好かれない人もいます。

今回は、仕事ができるのに、職場で嫌われている人によく見られる特徴を挙げていきます。

ちなみに今回挙げるのは本人の問題であり、「近寄りがたい…」「何を考えているかわからない」など周りが勝手に作り上げているイメージや、マウンティング気質の上司や足を引っ張る同僚の存在は考慮していません。

1.自分のやりたい仕事しかしない

組織や状況によっても違いますが、仕事で評価されると、裁量権を与えられたり、思い通りになる予算や人員も増えたりするものです。すると、自分の都合の良いように仕事を選ぶようになる人も出てきます。「自分はマネージャーの立場で、実際に動くのは部下や後輩に」というケースももちろんありますが、中には、目立つ仕事や自分の評価につながる仕事などのときだけ、部下や後輩から仕事を奪い取る、もしくは手柄を自分のものにするという人も…。

また、仕事ができる人は長期的な視野を持っている人が多いもの。「この案件は複雑になりそうだ」と察知すると、何も気づいていない他のメンバーに任せてしまうということもあるようです。

2.自分のやり方に固執する

仕事ができる人は、成功体験が多い人。自分のやり方に自信を持っていることでしょう。自信を持つことは良いことでしょうが、他の人の意見やアドバイスにまったく耳を傾けようとしないのは、周りから「一緒に仕事しにくい人」と思われる原因になります。

どんなに仕事ができる人でも、すべての分野に精通しているわけではないでしょうし、他の人の意見を聞くことで、やり方をブラッシュアップしていくことも可能です。他の人の意見やアドバイスを実際に取り入れるかどうかは別として、いろいろな方法があるということを受け止める柔軟性を持っていない人は、円滑な人間関係を築くのは難しいかもしれません。

3.自分の非を認めない

前項の内容とも重なりますが、自分のやり方に自信を持っているために、それがうまくいかなかったとき、なかなか自分の非を認めずに言い訳を重ねてしまう人もいます。その失敗によって迷惑をかけた人もいるのに、「自分は悪くない」と言い訳ばかりで非を認めない…。そのような姿を見て、良い気分になる人はそう多くはないでしょう。

4.できない人の気持ちがわからない

努力を積み重ねて高い成果を出す人もいますが、もともとの才能やセンス、タイミングで難なく目標を達成してしまう人もいます。それはそれで素晴らしいことなのですが、努力しても成果を出せない人の気持ちを理解できないこともあるようです。また、仕事ができるからこそ、欠点が目についてしまうこともあるでしょう。

「どうしてできないの?」「努力が足りないのでは」など、自分の基準で状況を判断してしまうことも…。そして、それに見合わない人を見ると、苛立ちを感じてしまうこともあるでしょう。そのような様子を見て、「見下されている」と思う人もいるようです。

本人としては当たり前のことを言っているだけで悪気はないのでしょうが、できない人たちから見れば、「分かり合えない人、面倒な人」とみなされてしまうかもしれません。

「こんなに貢献しているのに、どうして嫌われるの?」と思うなら…

仕事ができるのに、周りから嫌われている人によく見られる特徴を挙げてきました。他人に好かれるために仕事をしているわけではないという人もいるでしょうが、チームで働く以上、ある程度良好な人間関係を保つことは大切だと考えられまます。

「自分はこんなに頑張ってチームに貢献しているのに、どうして嫌われているの?」と悩んでいる人は、思い当たることがないか振り返ってみてはどうでしょうか。

【関連記事】
「仕事ができる人」は損をしているとされる理由4つ

良好な人間関係は、仕事で成果を出すために欠かせないことでもあります。