仕事&マネー 実務能力は高いのに、大きな仕事を任せてもらえない人の特徴5つ

「私の方が能力が高いはずなのに、どうして他の人が選ばれるのだろう…」と悩んでいる人はいませんか?

すべての仕事は大切で意味のあるものであり、大小などないと思いつつも、せっかくなら自分の能力をフル活用できたり、周りに大きな影響を与えられたりする、いわゆる“大きな”仕事に携わりたいという人もいるでしょう。

今回は、優秀なのに大きな仕事を任せてもらえない人の特徴を挙げていきます。

力を発揮できないのは職場のせい?それとも…

1.遅刻や無断欠席…基本的なビジネスマナーを守らない

いい年齢の大人に「遅刻しないように」「欠席せざるを得ないときは必ず連絡して」なんて、丁寧に何度も注意してくれる人はそういないでしょう。特別な事情がないのに続くようなら、その人に期待することは諦めるはずです。

どんなに実務能力が優れていても、年齢や経験を重ねていても、「遅刻・無断欠席することで相手の時間を奪っている」という認識がない人は、同じことを繰り返す可能性が高いです。

仕事の規模が大きくなるほど、関わる人の数も増えていくもの。基本的なマナーを守らないような人に、お客様や社外の人たちが関係する仕事は、なかなか任せられないのではないでしょうか。

2.基本的に他責思考

「自分は何も悪くない、問題は他人や環境にある」という人は、周囲とのコミュニケーションをうまくとれないことが多いもの。自分が正しいことを証明するために、他人を論破しようとしたり、粗探しをしたりします。真正面から言えないお客様や社外の人たちに対しては、言わなくてもいい言い訳を追加することも…。

程度の差こそあれ、どんな仕事もたった一人では完結させることはできません。他責思考は円滑なコミュニケーションだけでなく、チームの成長をも阻害します。トラブルメーカーになる可能性が高い人には、重要なプロジェクトに関わってほしくないというのが周りの人の本音でしょう。

3.人によって態度が変わる

「自分よりもポジションが下」「下請け」「なんだか気に入らない」という理由だけで、圧を感じさせる態度をとる人がいます。自分が優位であることを示すためにわざとする人もいますが、もっと厄介なのは、自分でも気づかないうちにそのような態度をとっている人です。

専門を極めていきたい人は別かもしれませんが、裁量権が広がったり、リーダーになったりすれば、立場の異なる人たちをまとめ、モチベーションを高めながら、一緒に目標に向かうようマネジメントすることが求められます。

自分だけの基準や好き嫌いだけで、人を判断するような人は、どんなに実務能力が高くても、他のメンバーからの信頼を得ることはできません。リーダー的な仕事を任せられることは難しいでしょう。

4.口が軽い

噂話や仕事と関係ない他人のプライベートをベラベラと話す人も信用されず、重要な仕事を任せてもらえないでしょう。

仕事の話でいうと、「部外秘です」と言われているものはもちろん、「特に何も言われていないけれど、これは関係者以外には言わない方がいいよね」というような内容が職場にはあふれているものです。例えば、限られたメンバーが招集されて行った会議の内容を、何の確認もなしにその他のメンバーにすべて共有してしまうなど…。

「『他の人に言わないで』なんて口止めされていない!」と言われればそれまでなのですが、このように「これって、口外していいことなのかな」と立ち止まったり、心配なら確認できたりする人は信用されます。

5.周りは評価していない

そもそもその人の能力が、大きな仕事を成し遂げるには不足している場合もあります。仕事に対する評価は、自分ではなく、他人がするものだからです。

「1〜4で挙げられていることは自分には関係ない」という人は、もしかしたらまだ実力が追いついていないだけかもしれません。

仕事を任せてもらうために必要なこと

仕事を任せてもらえるということは、相手に信頼されていることを意味します。それは、実務能力の高さだけでなく、今回挙げたような普段の振る舞いも含まれるでしょう。

「私は仕事ができる方なのに、なかなか仕事を任せてもらえない」と悩んでいる人は、今回挙げたことに心当たりはないか、振り返ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
やる気ある人材を潰しかねない、取り扱い注意なフレーズ3つ