仕事&マネー 「部下を動かすことができる上司」に見られる特徴5つ

上司の立場にいる読者の中には、「部下が思うように動いてくれない…」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回は、部下を動かすことができる上司に見られる特徴を挙げていきます。

思うように部下が動いてくれないのが悩み…という人もいるのでは?

1.想いを言語化できる

部下の「行動しよう」という気持ちを刺激できる上司の特徴として、想いを言語化できることが挙げられます。チーム一丸となって目標に向かうためには、一人ひとりのメンバーが共通の認識を持っていることが大切です。そのためのツールとして「言葉」があります。

想いを言語化し、正しく、そして熱意を持って伝えることができる上司は、部下の心を動かし、やる気のスイッチを入れることができるでしょう。

2.相手を主語にして伝えることができる

人が何か行動しようと思うのは、「こうすれば、自分を取り巻く状況がきっとよくなる」「このままでは、まずい」など、当事者意識を持つからです。前項で「想いを言語化すること」の必要性を挙げましたが、その際には相手を主語にして考えるようにします。

例えば、「会社(チーム)が」ではなく、「あなたが」という説明をすることが挙げられます。「こうすれば、チームの売上目標が達成できる」よりも、「メンバー一人ひとりにインセンティブが出る」「こうすれば、あなたはこのようなスキルや知識を身につけられ、キャリアアップにつながる」といった説明の方が、当事者意識を抱きやすくなるのではないでしょうか。

部下に当事者意識を持ってもらうこと。メンバーのモチベーションを刺激する上司は、このことを意識しているようです。

3.感謝の言葉を伝えることを忘れない

当たり前のことと思う人も多いかもしれませんが、部下を動かせる上司というのは、感謝の言葉をきちんと伝えられる人でもあります。どんな仕事でも、一人だけの力でできることはありません。たとえ、表向きには上司が代表して評価されることがあっても、他のメンバーの協力があったからこそ出せた結果であり、“おかげさまで”の気持ちを決して忘れないのです。

感謝の言葉をかけられた側としては、自分の仕事ぶりを認められたと感じるでしょう。このことは、次へ向かう原動力にもなります。

4.頭を下げることができる

自分よりも上の立場の人へは謝罪することができても、部下には弱みを見せたくないという人もいますが、部下を動かせる上司は自分の非を認め、頭を下げることができる人です。

ごまかさない、自己保身に走らない姿勢は、部下からの信頼につながります。加えて、上司自ら失敗事例を共有することで、チーム内に必要以上に失敗を恐れない雰囲気を生み出せるでしょう。部下が自ら積極的に行動することを後押しすると考えられます。

5.部下を信用している

部下を動かせる上司は、一人だけで仕事を抱え込むようなことはないでしょう。たとえ自分が対応した方が早くてクオリティーが高い仕上がりになると思っていても、部下を信用して任せます。そのときは時間がかかってしまったり、うまくいかなかったりしても、長期的に見れば部下の成長につながると考えられるからです。

また、上司から信用されていると感じていれば、部下も自信を持って行動を起こせるようになります。信用されていると感じなければ、「どうせ自分なんかが…」となかなか動けない人も少なくないでしょう。

「部下を動かす」よりも「部下に自ら動こう思ってもらう」

「自分の思い通りに部下を動かす」というよりも、「部下に自ら動こうと思ってもらう」ために、鼓舞したり、環境を整えたりするのも上司の役割といえます。部下とのコミュニケーションに悩んでいる人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
実務能力は高いのに、大きな仕事を任せてもらえない人の特徴5つ