仕事&マネー 30代・今はおひとりさまの女性におすすめ女性保険5選

30代になると気になり始めるのが、女性特有の病気。若いうちはリスクが低いといえども、万が一病気になったときのことを考えると経済的な面が心配な方もいることでしょう。

そのような経済的な不安をサポートしてくれるのが女性保険です。

女性保険は、女性特有の病気に対しての補償が厚い保険であるため、30歳を過ぎたらチェックしておきたい保険です。

この記事では、女性保険の補償内容をはじめ、“今はおひとりさま”の30代の女性におすすめの女性保険5選を紹介していきます。

女性のかかりやすい病気に備えよう

女性特有の病気をカバーできる保険

まずは女性特有の病気と女性保険の内容をみていきましょう。

女性がかかりやすい病気

若い女性にもリスクが大きい病気には「乳がん」や「子宮がん」があげられますが、その他にも30歳以上の女性がかかりやすい病気がいくつかあります。

女性特有の病気を補償してくれる女性保険とは?

前述で紹介した女性特有の病気にかかったときの治療費などの補償が手厚い保険を「女性保険」といいます。

一般的には、通常の医療保険に特約として女性特有の病気に対する補償をつける形がとられていることから、女性保険の多くは掛け捨て型となっています。

ただし、一部の女性保険では貯蓄型も取り扱っており、商品によっては、一定の期間に保険料の受け取りがなかった場合には健康給付金やお祝い給付金が支給するケースもあります。

また、保険料は貯蓄型が高く、掛け捨て型の方が安い傾向にありますが、どちらがよいかは目的によって異なるといえるでしょう。

例えば、ライフステージが変わったときや老後の資金を備えておきたい方は、貯蓄型にすると、それらの資金を保険によってまかなうことができます。

または、月々の保険料を安く、必要な補償だけ受けたい方などは、掛け捨て型の方がコスパがよく経済的な負担を抑えられます。

30代独身女性におすすめ女性保険5選

30代で今はおひとりさまの女性におすすめしたいのが、月額料金が安く最低限の補償を受けられるコスパがよい女性保険です。

その理由は、公的な健康保険の高額療養費制度によって、ある程度の医療費はおさえられるためです。

例えば、年収330万円の方が、乳がんにかかって手術・入院で年間に30万円かかったとしても高額療養費制度によって自己負担額の上限は57,600万円となります。

ただし、入院の際の差額ベッド代や自己診療代、高度な治療、その他雑費などは公的な医療保険の対象外となるので、貯金でまかなえるか心配な方は保険に入っておくと安心です。

今回は、保険料が安く、補償内容もしっかりとしている女性保険を5つ厳選して紹介していきます。

メディカルKitNEO 女性プラン

メディカルKitNEO 女性プランは、東京海上日動あんしん生命が提供している女性向けの保険です。

メディカルKitNEOの主契約は入院保障で、病気やケガで入院が必要になった際に、給付金が支払われます。

また、女性特有の病気やがん、心疾患、脳血管疾患などにかかった際には、入院給付金に加えて女性疾病保障を受けられます。

乳がんや子宮がんなどの女性ならではの病気だけでなく、3大疾患やその他の病気も対象となっているため、幅広く補償を受けられる保険を求めている方にメディカルKitNEOはおすすめです。

メディカルKitNEO 女性プラン公式HP

楽天生命あんしんプラス 女性サポート

楽天生命あんしんプラスは、楽天グループが運営する保険会社の楽天生命が提供する女性向けの医療保険です。

主に、乳がんや子宮がん、子宮筋腫、関節リウマチなどの女性特有の病気に対して補償が受けられます。

保険料は、30代の女性であれば約1,500円と非常にお手頃です。

ただし、胃がんや大腸がんなどは対象外となるので、女性特有の病気にのみ保険をかけたい方に楽天あんしんプラスはおすすめです。

楽天生命あんしんプラス 女性サポート公式HP

医療保険 新CURE Lady

医療保険 新CURE Ladyは、オリックス生命が提供している女性向けの保険です。

新CURE Ladyは、保険料がお手頃な上、女性特有の病気の他、胃がんや結腸がんなどの病気に対しても女性入金給付金が上乗せされるなどの手厚い補償となっています。

また、公的な医療保険の対象となる治療や手術を受けた場合は、本来の入院日額の20倍、外来で診療を受け手術が必要な場合には手術給付金が通常の5倍支払われます。

保険のタイプは掛け捨て型ですが、月額が安く補償が手厚いため、コスパに優れた保険を求めている方に新CURE Ladyはおすすめです。

医療保険 新CURE Lady公式HP

女性疾病保障保険 ピタッとレディ

女性疾病保障保険 ピタッとレディは、第一生命グループが提供している女性向けの医療保険です。

ピタッとレディは、女性特有の病気による入院・手術にかかる費用を一時金で補償しています。

また、うつ病や適応障害などのメンタル疾病に対しての補償を特約でつけることも可能。

さらに、5年間健康で保険金の受け取りがなかった場合は、健康給付金が支給されることから、特に30代の方におすすめです。

女性疾病保障保険ピタッとレディ公式HP

医療保険SURE

医療保険SUREは、ソニー損保が提供する女性向けの医療保険です。

特に「がん」に手厚い補償内容となっており、乳がんや子宮がんで入院が必要になったときには保険金の支払い日数が無制限となります。

また、手術に関する保険金もがんの場合は高くなるため、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどのリスクに備えておきたい方におすすめの保険です。

医療保険SURE公式HP

まとめ

今や20代、30代の若い年代でも女性特有の病気にかかる方が増えてきています。

万が一、病気にかかったときの治療費は、公的な医療保険でも支援がされますが、ベッド差額代や雑費、自己診療費などは対象外となるため、ある程度の自己資金が必要となります。

とはいえ、日々の生活費などで多く貯金ができない方もいることでしょう。

そのような方は、女性特有の病気を保障している女性保険に入っておくと安心です。

女性保険は、主に女性がかかりやすい病気に対しての保障が厚いため、万が一病気にかかったときの経済的な負担を減らす助けとなります。

また、ほとんどの場合は掛け捨て型となっていることから、月々の保険料も安く抑えられるので家計にやさしい点も魅力です。

一般的な医療保険に入るまでもないけれど、女性特有の病気には保険をかけておきたいという方は、女性保険の加入を考えてみましょう。

文 / 小林 愛加