仕事&マネー 「また一緒に仕事がしたい」と思われる人の特徴は?会話の基本3つ

取引先でも社内のメンバーでも、「もう一度一緒に仕事がしたい!」と思える人と出会ったことはありますか?あなたは、どうしてそのように感じたのでしょう。「相手が優秀で、仕事を進めやすかった」「仕事ができる相手と一緒だったから、期待以上の成果を出せた」といったこともあるでしょうが、きっとそれだけではないはず。たとえ仕事ができる人でも、自分のことしか考えていなかったり、感情に振り回されがちだったりすると、また一緒に仕事をしたいと積極的に思えないのではないでしょうか。

社交辞令ではなく「もう一度一緒に仕事がしたい」と言われる人は、コミュニケーションをとても大切にしています。ここでは、コミュニケーションの基本である会話について、彼ら彼女らが自然にしていることの共通点を挙げていきましょう。

信頼関係を構築するためには、普段の会話を大切に。

1.誰の、どんな話に対しても興味を持つ

多くの人は、相手に、自分の話に興味を示してもらえたら嬉しく感じるものです。「もっと自分のことを知ってもらいたい」「こんな提案もできる!」など、自信を持って積極的に話してくれることでしょう。

話をきくことは、相手の承認欲求を満たすことでもあります。話をきいてくれる人は、自分を受け入れてくれるように感じるからです。逆に、興味がなさそうにされると、「面白くないのかな…」「提案しても、取り合ってくれないだろう」と心を開かなくなるでしょう。

中には、人によって態度を変える人もいるようです。例えば、自分にとって得にならないと考える人の話には耳も貸さないなど…。時間には限りがあるものなので、結果的にそのような態度に見られることもあるでしょうが、ビジネスシーンにおいては、話しかけてくれたことへの感謝は示した方がよいでしょう。将来的に、誰とどうつながっていくかはわかりません。

もしかしたら、なかなか興味が持てない内容だったり、理解するのが難しい内容だったりすることもあるでしょう。そのようなときは、知ったかぶりをするのではなく、素直に「それはどういうことですか?」と、質問してみては?きちんと話を聞いていることを相手に示すことができます。

相手の話が面白くないからとって、不自然に「ところで」「私の場合」と切り出して、自分を話の中心に持ってこようすると、相手に良い印象は与えないでしょう。

2.過去に聞いた話を持ち出す

「日本酒が好きだとおっしゃっていたので、合いそうなおつまみを持ってきました」
「今日お誕生日ですよね。おめでとうございます!」

過去に自分が話したことを相手が覚えていてくれたら、「自分の話を覚えてくれていたんだ」と嬉しくなりますよね。「自分は相手にとって、大切な存在なんだ」と実感できるでしょう。だからこそ、あなた自身も、普段の会話で、意識して相手に過去に聞いた話を織り交ぜてみてはいかがでしょうか。

3.「はい」「いいえ」だけで終わらせない

「新しい仕事には慣れましたか?」
「はい」

相手に何か質問されたとき、Yes/ Noだけで答えてしまうと、会話が途切れてしまう可能性があります。それはそれで構わないのですが、もしもっと早く信頼関係を築きたいと考えるなら、

「はい、おかげさまでだいぶ慣れましたが、◯◯のことがまだ理解できていません。何かおすすめの勉強方法や情報はありますか?」と相手に質問する形で答えてみてはいかがでしょうか。

話も弾みますし、相手もあなたが「どんな人か」「何に困っているか」を把握できるでしょう。相手が「一体どんな人なのか、よくわからない」状態では、信頼関係を構築するのに時間がかかるでしょう。

「また一緒に仕事がしたい人」になるために

トークがうまい人や、率先して会話をリードできる人は、様々なシーンにおいて、どうしても目立つことが多いでしょうが、だからといって、会話が苦手な人がコミュニケーションをとることを疎かにしているということではありません。

今回挙げたことは、会話が苦手な人や、人見知りの人でも実践しやすいはず。ぜひ参考にして、相手にとって「また一緒に仕事がしたい人」になることを目指してみてくださいね。

【関連記事】
「仕事ができる人」の話し方、4つの特徴とは?