仕事&マネー 注意! クレジットカードの情報盗みを防ぐ方法

2015年5月28日、客のクレジットカード番号を盗み見て、電子マネーに不正課金した元コンビニ店員が逮捕されました。コンビニのバイトをしていた容疑者は、クレジットカードでの決済を希望した客からカードを渡してもらい、決済作業をするふりをしながら後ろを向き、自分のスマホで客のクレジットカードの両面を撮影。こうやって盗んだクレジットカードの情報を利用して電子マネーのチャージをしたり、音楽ゲームのコントローラを買ったり、腕時計を買ったりしていました。どうしたらこのようなことが可能だったのでしょうか?

自分でできる対策はしておくこと!

自分でできる対策はしておくこと!


どうやって盗まれたのか

実際のお店でクレジットカード決済をするためには実物のカードが必要ですが、オンライン上でクレジットカードを使うとなると、カードの情報だけ知っていれば決済が可能です。そのとき必要となる大切な情報は3つあります。名前、カード番号、セキュリティコードです。この3つの情報は、すべて実物のクレジットカードに刻まれています。

この3つの情報さえ分かればインターネット上で他人のクレジットカードを使い、なんでも購入することができるのです。クレジットカードって実はこんなに盗みやすいのです。

最近はクレジットカード自体に盗難保険などがついていますので、誰かに盗まれて決済された分は保険で処理できますし、警察に通報するとすぐ追跡ができますのですぐ犯人も特定できます。しかし、自分のクレジットカードを他人が勝手に使う可能性があること自体クレジットカードの持ち主としては気持ちがよくはありません。

1 2