仕事&マネー こだわり過ぎると部下が離れていく、上司の4つの正論

職場において、評価者である上司の発言や行動は、程度の差こそあれ、一人ひとりの部下のモチベーションやチームの雰囲気に大きな影響を与えます。

上司自身が正しいと思っていることでも、伝え方によっては、相手を傷つけたり、萎縮させたりすることがあるでしょう。そもそも、その「正しい」は自分だけの感覚かもしれません。いつ、誰に対しても、その正論は通用するものでしょうか。

今回は、こだわり過ぎると部下が離れていく、上司の正論を挙げていきます。

1.他責思考はダメ

何かうまくいかないことがあると、環境や他人に原因があるとする他責思考。何でもかんでも周りのせいにして、自分のことを省みない姿勢は成長を阻害するものとされています。

しかし、100%他責思考はダメとしてしまうと、なかには全てを自分で抱え込み、身動きが取れなくなってしまう人もいるでしょう。上司があまりにも厳しい姿勢だと、周りにいる部下も影響を受け、「ほら、今の発言は他責思考だ」などと、お互いに揚げ足を取るようになるかもしれません。

また、他責思考を少しも許さない雰囲気は、真相を明らかにすることを阻むことだってあるでしょう。本当は、その人ではなく、他の理由でトラブルが起こっていたら…?しかし、本人は「何か言えば他責思考だと糾弾されそうだ」と考え、原因究明の機会を逃してしまうかもしれません。

他人や環境に責任転嫁することは良くないですが、それぞれが思っていることを自由に口に出せる余裕はほしいものです。

2.納得させる=論破する

相手が何も言い返してこなくなったら、納得したということだと考える人もいます。そのため、相手の発言の矛盾を徹底的に問い詰めたり、自身は隙のない論理を展開したりすることに精を出すのです。

一方で、人望のある上司は、部下を注意するときも、相手を追い詰めるようなことはしません。目的は、相手を潰すのではなく、反省してもらい、同じ間違いを繰り返さないようにすることだからです。そのため、部下から変に逆恨みされることも少ないでしょう。

そういう意味では、どんなときも、相手に対して、ちょっとした逃げ道を作ることを忘れないよう意識しているのかもしれません。

3.自分に非がないなら、謝らない

部下が作成した資料に誤りがあって、それをもとに行動した他部署のメンバーに迷惑をかけてしまったとき。「間違ったのは部下。別に資料を作成したのは自分ではない」と、我関せずの上司もいます。

内容にもよりますが、部下の失敗は、管轄する上司の責任でもあります。「自分に非がないなら、謝らない」ことは多くの場合正論と考えられますが、この場合は、部下に全ての責任を押し付けてしまうことになりかねません。

4.情報は、どんなときでも正確にそのまま伝える

誰かから伝えられた情報を、脚色せずそのまま伝えることは大切なことです。しかし、プライベートのことなど、伏せた方がいい情報もあるでしょう。

例えば、部下Aさんから「悪阻がひどいので、今日は欠席します」と連絡が来たとします。しかし、妊娠を知っているのは上長である自分だけで、どうやら周りにはまだ伝えていないようだ、と感じた場合、どうしますか。

「Aさんは体調不良で欠席するそうです」と他のメンバーに伝えますか。それとも、「悪阻のため、欠席するそうです」と伝えますか。気遣いも大切です。

時に正論は相手を傷つける

状況によっても「正論」は変わるもの。

今回挙げてきた正論は、相手を非難するだけで終わるもの。使い方によっては、職場の雰囲気を窮屈にするだけでしょう。

自分が「正しい」と思うことを信じることは大切ですが、それは相手のことを理解しようとする姿勢があるからこそ。「正しいことを言っているのに、部下が動いてくれない」「最近、意見を言ってくれる部下が少なくなった」という人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
「部下を動かすことができる上司」に見られる特徴5つ