仕事&マネー なかなかお金が貯まらないという方必見!「銀行の種類と使い分け方」基本のき

普段、給料の振り込みや貯金で使っている銀行ですが、会社の給料振込先で選んでいる方が多いのではないでしょうか?

銀行にはいくつか種類があり、それぞれの特徴を活かして利用することで、貯金やお金の管理がしやすくなります。

この記事では、銀行の種類と特徴、活用術について解説しています。

特に、お金の管理が苦手な方や、なかなかお金が貯まらない方などは、銀行の活用術を知って、貯まりやすい家計にしていきましょう。

銀行の使い分けで効率よくお金を貯めよう!

銀行の種類と特徴

銀行にはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なるので、まずはどのような銀行の種類があるのかチェックしていきましょう。

都市銀行

都市銀行は、都市部を中心にして全国に支店をもつ銀行で、一般的には、メガバンクと呼ばれています。

都市銀行は、大口取引も扱っており、個人だけでなく大企業向けのサービスも展開しています。

〈代表的な都市銀行〉
三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行・三井住友銀行

地方銀行

地方銀行は、各地域が運営している地域密着型の銀行です。

地方銀行は、メガバンクのように大口取引を扱っているところは少なく、ほとんどが地域の中小企業や個人を中心とした小口取引となっています。

〈地方銀行 一部紹介〉
福岡銀行・沖縄銀行・四国銀行・広島銀行・京都銀行・静岡銀行・北國銀行・群馬銀行・七十七銀行 など

ネット銀行

ネット銀行は、インターネット上で取引が行われる銀行です。

基本的には店舗は構えておらず、契約、口座開設、残高照会などの手続きはネットで完了できます。

また、口座開設後は、キャッシュカードが発行され、コンビニや各銀行のATMで出金をします。

〈ネット銀行 一部紹介〉
楽天銀行・あおぞら銀行・ソニー銀行・住信SBIネット銀行・じぶん銀行 など

流通系銀行

流通系の銀行は、コンビニやスーパーなどの経営会社が運営している銀行です。

クレジットカードやデビットカードなどに銀行のキャッシュ機能を付帯して、振り込みや引き落とし時にポイントの還元がされるなど、流通系銀行ならではのサービスが提供されています。

まだ数は少なく、代表的な銀行としてイオン銀行やセブン銀行があげられます。

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は、日本郵政グループが全国展開している銀行です。

ゆうちょ銀行は、郵便局が窓口となっており、貯金を中心に、個人向けの国債や投資信託なども提供しています。

銀行を使い分けてお金の移動を減らそう

銀行の利用においてもったいない使い方が「お金の移動が多い」ことです。

銀行からお金をおろす、振り込むなどのお金の移動には「手数料」がかかります。

特にATMは気軽にお金がおろせて便利ですが、こまめに引き出すことで手数料の金額は膨らんでしまいます。

例えば、1回の引き出しに手数料が200円で、月に8回利用したとすると、合計金額は1,600円となります。1年に換算すると19,200円。これだけの金額が手数料だけでもっていかれてしまうのは非常にもったいないでしょう。

少しでも効率よくお金を貯めるためには、銀行の使い分けをして、お金の移動を少なくすることが大切です。

では、次の章で具体的な銀行の使い分け方法を紹介していきます。

銀行の使い分け方法

銀行は目的によって使い分けると、お金の移動が少なく、貯金や管理がしやすくなります。

以下で3つの使分け方法を紹介していきますので、ご自身に合った方法をみつけてみましょう。

1. 給料振り込み先銀行+貯める銀行

まず一つ目は、給料振り込み先銀行と貯める銀行に分ける方法です。

なかなかお金が貯まらない方がやりがちなのが、使う口座と貯める口座を一緒にしてしまうこと。

給料が入って、生活費や支払いなどのお金が出た後に、残った金額を貯金しようとするとなかなかお金は貯まりません。

そこで、給料が入ったら、先に貯める銀行に貯金分を入れておくことで、貯蓄分に手をつけにくくなります。

また、貯金分を自分で引き出して振り込む作業をすると、多くの場合は手数料がかかってしまうので、自動入金サービスを導入している銀行を選ぶとよいでしょう。

さらに、引き落とし関係は、給料振り込み先銀行にまとめておくとお金の移動を削減できます。

〈自動入金サービスを導入している銀行 一部紹介〉
イオン銀行・auじぶん銀行・三井住友銀行・PayPay銀行・セブン銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行 など

2.給料振り込み先銀行+増やす銀行

2つ目の方法は、給料振り込み先銀行と増やす銀行に分けて管理する方法です。

給料振り込み先銀行は、1つ目の方法と同様に、生活費や引き落とし関係をまとめておき、手数料がかからないようにします。

そして、もう一つ別に、高金利またはポイント還元などがある増やす銀行の口座を作ります。

しかし、2021年現在は超低金利時代であり、ほとんどの銀行の金利は0.001~0.002%と貯金ではお金が増やしにくい状況となっています。

そこで、増やす銀行におすすめなのがネット銀行です。

ネット銀行の金利は、通常の銀行よりも高金利であることが多く、また、銀行によっては、振り込み時にポイントが還元されるサービスも提供しています。

ネット銀行はインターネット上で契約し、取引がされるため、セキュリティ面などで不安に思う方もいることでしょう。

ほとんどの銀行ではセキュリティ面が強化されており、不正利用があった場合の補償制度も用意されています。

また、銀行が破綻した場合には銀行の保険制度で1,000万円までは守られるので、その金額以内におさめておけば心配はいらないでしょう。

〈ネット銀行 一部紹介〉

3.給料振り込み先銀行+使う銀行

3つ目は、給料振り込み先銀行と使う銀行を分ける方法です。

1つ目と2つ目の方法は、給料振り込み先銀行を引き落としや生活費用にしましたが、3つ目の方法は、給料振込先銀行を貯蓄用、使う銀行を生活費用にします。

使う銀行は、コンビニやスーパーなどの会社が提供している流通系の銀行がおすすめです。

流通系の銀行は、クレジットカードやデビットカードにキャッシュカード機能が付帯しているものが多く、引き落としや買い物の際にポイントが還元されるしくみとなっていることから、使ってお得な銀行です。

2021年現在は、まだ少数ではありますが、イオン銀行やセブン銀行がそれに当たります。

例えば、イオン銀行では、イオンカードセレクトというクレジットカードにキャッシュカード機能が付帯できます。

通常の金利は0.0001%のところ、イオンカードセレクトにすることで0.01%~0.1%にアップ。

さらに、WAONポイントサービスがあり、公共料金の引き落としなどでもポイントが還元されるので、金利面でもポイント面でも通常の銀行よりもお得になります。

なお、給料振り込み先銀行がイオン銀行でもOKの場合は、給料が振り込まれるたびにWAONポイントが貯まるので、まとめてしまうのも一つの方法です。

その際には、貯金用の銀行またはイオン銀行の定期預金に貯金分を入れるとよいでしょう。

イオン銀行公式HP / セブン銀行公式HP

まとめ

銀行にはさまざまな種類があり、それぞれの特徴を知って使い分けることで、より効率的にお金の管理・貯金ができます。

ただし、お金の移動には手数料がかかることが多いため、貯金用の口座を別の銀行で作る際には、手数料無料や自動入金サービスがある銀行を選ぶとよいでしょう。

また、貯めながら増やしたい方には、ネット銀行などの金利の高い銀行がおすすめです。そして、使いながらポイントを貯めたい方には、ポイントに強い流通系の銀行が適しているでしょう。

このように、ご自身のライフスタイルに合わせて銀行を使い分けることでお得にラクにお金の管理・貯金ができます。

ぜひご自身に合った銀行の使い分け方法を選んで活用してみてください。

文 / 小林 愛加