仕事&マネー 独身女性が個人型確定拠出年金「iDeCo」に加入する場合の2つの注意点とは?

こんにちは!ファイナンシャルプランナーの安藤宏和です。

「最近、周りからよくiDeCo(イデコ)を勧められる」

「独り身だから、そろそろ老後に向けてお金を貯めたほうが良いのかな」

そんな読者の方は、今まさにiDeCo/イデコ(個人型確定拠出年金)への加入を検討されているかもしれませんね。

iDeCoは老後資金の積み立てをすると税金がお得になる(節税できる)制度なので、ぜひ活用していただきたいのですが、人によっては加入する上で気を付けておくべき注意点もあります。

今回は「独身女性」に対象を絞って、注意点を解説しておきたいと思います。

iDeCo(イデコ)のポイント

「そもそもiDeCoってどんなメリットがあるの?」という方もいらっしゃるでしょうから、ポイントをご説明しておきましょう。

iDeCoは「個人型確定拠出年金」の愛称で、国が用意している「じぶん年金(老後資金)をつくるための制度」です。

毎月、自分で決めた「金額」「運用商品」で積立てていき、それらの成果で最終的に受け取る金額が決まります。

2つの大きな特徴は、税制優遇=節税効果があることと、60歳までの引出し制限があること。

税制優遇は「①掛け金を払った時」「②運用している間」「③受け取る時」の各段階で受けられるのですが、特に①の掛け金を払った時に「その全額が所得控除になる」というのが最大のポイントです。

概算ですが、年収500万円の人が月2万円(年間24万円)の掛け金を払うと、所得税・住民税を合わせて年間4万8,000円の節税に。何かに支出をしたわけではなく、老後のお金をコツコツふやすことで節税効果も得られるので、非常に大きなメリットと言えます。

また、60歳までの引出し制限はデメリットにも見えますが、「無理やり老後資金を貯めていくことができる」という点でむしろメリットにもなるでしょう。

独身女性の場合の注意点① 働き方が変わると節税効果が大きく減少する場合アリ

いよいよここからは、独身女性向けの注意点を解説します。

一番の注意点としてお伝えしておきたいのが、働き方の変化などによって収入が下がると、所得控除による節税効果が減少するかゼロになる場合もある!ということです。

前述の通りiDeCoは節税効果が魅力の一つですが、節税効果は「収入が高ければ高いほど大きくなる」という性質を持っています。

iDeCoの「所得控除」は、収入(所得)から掛け金の分を差し引くことで、本来払うはずだった税金の額を抑えることができる仕組み。

ご存知の方も多いと思いますが、日本は収入が高いほど税率が上がる「累進課税制度」を採用しているため、iDeCoに加入して所得控除を使った際に得られるメリットも、収入が高い人ほど大きくなります。

ということは、その裏返しで収入が低くなると当然、節税効果は小さくなります。

そしてもし、収入がゼロもしくは「所得税や住民税を納付しないくらいの収入」になった時はどうなるのでしょうか?

答えは、「所得控除による節税効果がゼロになる」です。

そもそも所得税・住民税を納めていなければ差し引く対象もないので、節税効果は得られないというわけですね。

なぜこの点を独身女性の方に注意すべきと強調するのかと言うと、結婚や出産に伴い働き方が変わる可能性があるからです。

昨今は国や企業の方針で女性の活躍を後押しする流れではありますが、それでも結婚・出産を機に配偶者の扶養に入ったり、共働きでも子どもが小さい間は時短勤務にするなど、働き方が大きく変化するケースは非常に多く見られます。

そうなると、せっかく始めたiDeCoの節税メリットが非常に少なくなってしまうかもしれません。

iDeCoのメリットは掛け金を払った時の所得控除だけではないので、収入が変化する可能性があるなら絶対入らない方が良い!とまでは言いませんが、、、最大のメリットが失われるリスクをふまえて加入を検討していただくことをお勧めします。

独身女性の場合の注意点② 60歳までは「全く」引出しができない

iDeCoは60歳までの引出し制限があると書きましたが、これはかなり厳しい制限で、基本的には病気やケガの時も含め「全く」引出しができないルールになっています。(障害年金を受給するレベルの障害を負った場合は受給可能)

人生100年時代といわれる中で、もちろん老後資金を積み立ていくことは大切な将来へのアクションですが、日々の生活で苦しい思いをしたら本末転倒ですし、環境の変化などリスクに備えることも重要です。

独身の方は女性に限らず、万が一の病気・ケガや失業などがあった場合に自分の力で生活を維持・立て直しする必要がありますが、その際にすぐ引出しができる資金がないと経済的に困窮する可能性もあります。

日々の生活やそうしたリスクとのバランスも考慮して、iDeCoの加入を検討していただきたいと思います。

以上、今回は注意点ということで少しネガティブな話をしてしまいましたが、「iDeCoは積極的に活用すべきお得なツール」であるのは間違いありません!

今回お伝えした注意点も頭の片隅に入れながら、ぜひ有効活用してくださいね。

ファイナンシャルプランナー(CFP(R))
安藤宏和(あんどう ひろかず)

昭和61年生まれ、神奈川県出身。大手保険会社での勤務を経て、独立系ファイナンシャルプランナーとして開業。iDeCoやNISAなどを活用した「コツコツ投資による資産づくり」のサポートが得意分野。登壇回数は年70回以上、受講者はのべ4000人を超える人気講師だが、一般生活者の個別コンサルティング業務も積極的にこなしている。趣味はB級グルメ。

日本一アットホームで相談しやすいFPオフィスを目指す「FPオフィスあしたば」では、初心者にもわかりやすいオンラインマネーセミナーや、ひとりひとりの生活に合わせたマネープランを一緒に考えてくれるオンライン個別相談も実施しています。
ご興味がある方はぜひ気軽にのぞいてみてください。https://ashitaba-mirai.jp