仕事&マネー 気が付けばクレジットカードの保険適用条件が変更になってた!?に注意!

「今は旅行には行けないけれど、状況が落ち着いたら旅行へ行こう」

「出かけられるのを楽しみに、今は旅行積立をしておこう」

といったように旅行好きの方は、落ち込むことなく、先を見て前向きに毎日を過ごしているのではないでしょうか。

状況が落ち着き、旅行に行ける時期が来たら思いっきり楽しみたいと準備を進めているのなら、ここで一度、クレジットカードに付いている保険や補償を再確認してみましょう。

JAL旅行積立、ANA旅行積立プラン、JTBたびたびバンクなどの旅行積立は、計画が立てられるうえサービス額(利子)がついてお得です。

旅行保険が付いているから使っているというクレジットカードも、実は内容を変更しているということがあります。

現地にいったときに困らないように、旅行へ行くときにはどのクレジットカードをどのように使うかを事前に決めてメモを残しておくのがおすすめです。

そこで今回は保険の内容が変更になっているクレジットカード2枚を紹介していきます。

【基本】クレジットカードの保険が適用となる条件

まず先にクレジットカードの旅行保険が適用となる条件を簡単に確認していきましょう。

「旅行保険って書いてあるし持っておけば安心」ということではないので、保有しているクレジットカードの旅行保険のタイプについてチェックしてみてください。

チェック1.付いているのは海外旅行保険か国内旅行保険か

クレジットカードの会員特典として付いている旅行保険ですが、旅行保険前に付く言葉で適用となる範囲が異なります。

・海外旅行保険

日本国内を出て海外へ旅行したときに適用となります。

・国内旅行保険

日本国内の旅行に対し適用となります。

チェック2.自動付帯か利用付帯か、それとも申請か

旅行保険はクレジットカードにより適用となる条件が異なります。

・自動付帯

クレジットカードを持っているだけで手続き不要で適用となります。

・利用付帯

旅行出発前に航空券購入をする、ツアー代を支払っているなど条件により適用となります。

・申請

遅くても旅行1か月前にクレジットカード会社に連絡をして、旅行日程に合わせて旅行保険加入の申請をします。こちらは郵送となることもあるので、自分の返送タイミングが遅くならないように気を付けてください。

自分のクレジットカードは海外旅行保険×自動付帯なのか、国内旅行保険×利用付帯または申請なのか、旅行保険名と付帯の組み合わせだけは知っておくようにしておきましょう。

旅行保険は予約をする前に内容をチェックしておくと見落としが防げます。

あの人気カードの旅行保険適用条件が変更!?

クレジットカードのなかにはポイントも貯まりやすいのに使いやすい、それでいて年会費無料というものも多くあります。そこに旅行保険が付いていたら本当にお得だと感じます。

その代表となるクレジットカードが楽天カードではないでしょうか。

楽天カードは100円につき1ポイント付与で、実店舗でもネットショッピングでもポイントが使え、海外旅行保険も利用付帯でついていることから、まさに海外旅行へ行っても安心な1枚です。

しかしながら、この楽天カード。実は海外旅行保険の適用条件が変更になっています。

以前は航空券購入、出発前の国内宿泊費、空港までの電車代などが海外旅行保険適用条件に入っていましたが、改正後は募集型企画旅行代金、つまりはツアー代金の支払いのみ適用条件となりました。

画像元/https://www.rakuten-card.co.jp/overseas/insurance/

旅行やビジネスで個人的に航空券を購入していた方や、遠方に住んでいてどうしても1日は国内に宿泊しないといけなかった方は、同じ使い方だと適用外になってしまうので注意してください。

それでも年会費無料で、海外旅行保険が利用付帯でついていることには変わりないので、お得なクレジットカードには間違いありません。

歴史あるセゾンカードも海外旅行保険の適用を変更

そのほか、セゾンカードのアメリカン・エキスプレスシリーズも海外旅行保険の適用条件が変更になりました。

以前は国内出発前のレンタカー、タクシー、ホテル宿泊代決済は適用でしたが、これらが適用外となりました。

画像元/https://hoken.saisoncard.co.jp/incidental/

三井ショッピングパークカード《セゾン》プレミア・アメリカン・エキスプレス・カードやシネマイレージカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードなどセゾン発行のアメリカン・エキスプレスシリーズは人気があるため、日ごろから利用している方はチェックしておきましょう。

※セゾン発行のUCカードも条件変更となったものもあります。

旅行保険に関しては、これ以外のクレジットカードであっても、この先も改正になる可能性は十分にあるので気を付けていきましょう。

また旅行保険の以外の補償や保険で言えば、中にはクレジットカードを持てば当たり前についてくるショッピング補償が有料のタイプのクレジットカードもあります。

ショッピング補償がオプション制のエポスカード

クレジットカードで商品を購入し、帰宅中に盗難に遭ってしまった。人ごみに押され破損してしまった。届いた商品が壊れていた。というときに使えるのがショッピング補償(保険)です。

これは現金払いにはなく、クレジットカードで購入したからこそ受けられる補償です。

付いていないという意識が薄れやすいほど、多くのクレジットカードに付いています。

ただ、クレジットカードの中にはショッピング補償そのものが付いていないものもあるので注意してください。

エポスカードはショッピング補償が付いていないクレジットカードのひとつでしたが、年会費1,000円の有料で申込することができるようになっています。

オプションとして選べるのはいいところですが、付いているのが当たり前と思い、付いていなかったのを知らずにいると、破損した商品を泣く泣く諦めることになってしまいます。

エポスカードは海外旅行保険が自動付帯で傷害死亡・後遺傷害500万円と大きくないものの、疾病治療費用270万円という現地でケガや体調不良による治療費をカバーしてくれるところがウリでもあります。

海外旅行へ安心していきたいからとエポスカードを持っているという方は、ショッピング補償に加入するかしないかを考えておきましょう。

不安はこれで解消! クレジットカードの旅行保険にトッピング

そもそもクレジットカードに旅行保険が付いているのは嬉しいけれど、補償内容が少ない気がして不安だということはありませんか?

そういうときは損保会社で提供している旅行保険からクレジットカードの旅行保険にプラスで保険をトッピングできるものを利用していきましょう。

損保ジャパン

画像元/https://www.sompo-japan.co.jp/kinsurance/leisure/off/plan/

損保ジャパンではクレジットカードの旅行保険で少なくて不安だという補償の部分だけを手厚くすることができます。例で挙げた画像ではハワイ7日間として保険料は3,070円となりました。

これは本当に充実という点で挙げた例ですが、保険料を抑えて現地でのケガや病気にだけ備えておきたいというときは、治療費用500万円、賠償責任3,000万円とするだけで1,470円まで保険料を下げることができます。

携行品の損害もカバーできるので、ショッピング補償がついていないクレジットカード場合は安心してお買い物ができるでしょう。

旅行の予算も考えながらトッピングしてみてください。

三井住友カード

クレジットカードの中には三井住友カードのように、自社でクレジットカードの旅行保険に上乗せできる旅行保険を提供しているところもあります。

画像元/https://www.smbc-card.com/mem/service/li/hoken_travel.jsp

損保ジャパンと同じハワイ7日間の設定としても、こちらの保険料は1,810円とすることが可能です。旅行当日の自宅出発前までに申し込めるので急遽決まった旅行でも対応できるでしょう。

これから旅行へ行くタイミングをどうしようかと考えている方は、クレジットカードの旅行保険を上手に活用してみてください。

準備を万端にすることにマイナスはありません。

文/クレジットカード研究Lab 編集責任者 志田愛仁(https://card-lab.com/profile/
運営会社 バリューファースト(https://valuefirst.co.jp/
雑誌編集者を経て、紙媒体とWEBの両方でライターを経験してきたバリューファーストの編集責任者。取材などで集めたクレジットカード情報やお得な使い方を伝えていきます。