仕事&マネー 安いとは知っているけど…安全?ネット保険のしくみとメリット・デメリットを紹介

昨今、TVCMや広告でネット保険の宣伝が増え、ネット保険は安いというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実際に、ネット保険は、対面で販売される保険よりも安いのが特徴です。

また、インターネット上で申し込み~契約まで完了できる手軽さもあります。

しかし、手軽で安いネット保険にもデメリットはあるため、しくみと良し悪しを知って、自分に合った保険かを見極めることが大切です。

この記事では、ネットの保険のしくみとメリット・デメリットを解説しています。

ご自身のライフプランと照らし合わせながら、ネット保険が合っているかどうかチェックしてみましょう。

ネット保険ってなんだろう?

ネット保険の特徴としくみ

まずは、ネット保険の特徴としくみについてみていきましょう。

ネット保険とは?

ネット保険とは、インターネット上で、申し込みや審査、契約までを完了できる保険のことをいいます。

通常の保険よりも保険料が安く、プランがシンプルな点がネット保険の代表的な特徴となっています。

では、ネット保険はなぜ保険料を安くできているのでしょうか。

従来は、ほとんどの保険が対面型で販売されており、営業の人がプランや保障内容を提案し、契約までを一つ一つサポートしてくれるのが通常でした。

しかし、ネット保険は、店舗を持たず営業担当も設けていません。また、契約は紙ではなく、すべてネット上の手続きにすることで、保険会社の事務作業が効率化されています。

このように、店舗運営や事務に係る費用、人件費などを削減することで、保険料を安くできるしくみとなっています。

ネット保険のプランと保障

ネット保険のプランと保障内容はシンプルでわかりやすくなっていることがほとんどです。

対面型の保険では、さまざまなプランや特約があり、営業担当者が個人の状況や希望に合わせてプランや特約を提案してくれます。

ネット保険の場合は、営業担当者がいないため、基本的には自分で保険商品のプランや保障内容を見て、どれが必要かを判断し、選択をします。

ネット保険はこのように顧客自身が判断し決定するようなしくみとなっていることから、プランや特約を選びやすいように内容がシンプルになっているのです。

ネット保険の保障開始日

保険には責任開始日という保障が受けられるようになる日が決められています。

一般的な対面型で販売されている保険は、申し込み~審査~初回の保険料の支払いを終えた時点が責任開始日となることが通常です。

一方のネット保険の場合は、申し込みをして受理された日が責任開始日となることが多い傾向にあります。

ただし、保険会社によって規約は異なるため、必ず記載されている規約を読んで「責任開始日がいつなのか」をチェックするようにしましょう。

ネット保険の保険金の受け取り方法

ネット保険に加入していて、病気やケガに遭ったときには、その保険会社のコールセンターに電話をして、保険金の請求手続きなどについて指示を受けます。

請求手続きの方法は、ネット上でできるケースもあれば、書類を郵送して手続きするケースもあります。

コールセンターに電話すると手続きについて指示をもらえますが、いざという時には書類を作成するのも大変なこともあるため、契約前に保険金の請求方法もチェックしておくとよいでしょう。

ネット保険のメリット・デメリット

ネット保険は、保険料が安くて気軽に入れる反面、一般的な保険よりも保障が少ない傾向にあります。

このようなメリット・デメリットの両方をチェックして、ネット保険が自分に適しているのかを見極めてみましょう。

メリット・デメリットを理解して失敗しない保険選びをしよう!

ネット保険のメリット

◇ 保険料が安い

ネット保険は、通常の保険よりも保険料が安いメリットがあります。しかし、保険料が安いと保障が手薄いのでは?と不安になる方もいることでしょう。

ネット保険が保険料を安くできるのは、保障を手薄くするからではなく、店舗や営業担当を持たず、ネット上ですべてのやり取りをするため、運営や事務に係るコストがおさえられるためです。

通常の保険よりは特約の種類は多くはありませんが、安い保険料で最低限の保障を受けられる点はネット保険ならではの魅力といえます。

◇ プランがシンプルでわかりやすい

ネット保険のプランはシンプルで種類が少ない傾向にあるため、内容がわかりやすく選択がしやすい魅力があります。

通常の保険は、さまざまなプランや特約が用意されており、選択肢が多いメリットがありますが、必要のない特約をつけて保険料が高額になってしまいがちです。

なるべく保険料をおさえたい、最低限の保障でよい、と考えている方はプランがシンプルなネット保険が適しているでしょう。

◇ 営業をかけられることがない

通常の保険の場合は、営業担当者がプランの提案から申し込み、契約までサポートしてくれます。

しかし、担当者によっては特約を強くおすすめしてきたり、解約をさせないような営業をかけてくるケースもあります。

ネット保険の場合には、営業担当がおらず、そのような売買の駆け引きなどがないので、じっくりと自分で保険内容を検討して契約することができます。

◇ 自宅で申し込み~契約までの手続きを完了できる

ネット保険は、プランの検討から相談、申し込み、審査、契約まですべてネット上で完了できるため、店舗に出向く必要がありません。

昨今は、コロナウイルス感染の拡大の影響によって、対面の売買に不安を抱く方も増えています。

ネット保険の場合は、手続きはもちろんのこと、わからないことはメールやチャット、電話などで質問ができるので、外出に不安を持っている方も安心してやり取りができます。

ネット保険のデメリット

◇ 自分でプランや保障を決めなければならない

ネット保険は、営業担当者がいないため、自分でプランや保障を決めなければなりません。

プランはシンプルでわかりやすくはなっていますが、終身がよいのか、定期がよいのか、などは個人のライフスタイルやライフプランなどによっても異なります。

自分にどのような保障が必要なのかを適切に判断するには、ある程度の保険の知識が必要となるので、保険の知見がまったくないと、適さないプランを選んでしまう恐れがあります。

◇ プランや保障の選択肢が少ない

ネット保険のプランは、シンプルなことがほとんどです。

例えば、対面型で販売されている保険は、主契約の保険に特約でがんや介護状態になった時の保障がつけられたり、特定の病気にかかったときに保険料の払い込みが免除されるなどの特則をつけたりと、保障を個人に合わせてカスタイマイズできます。

一方のネット保険は、つけられる特約が少なく、払込み免除の特則は適用とならないケースもあります。

また、入院日額の選択肢が少ない場合もあるので、自分に必要な保障を受けられるのか、いくら保障されるのかをよく吟味して判断する必要があります。

◇ 審査が厳しめ

対面型で販売されている保険もネット保険も、申し込みの際に、健康状態の告知の必要があり、その後審査がされます。

一般的な保険での健康状態の告知では、告知書の記入に加えて、健康診断書などの書類の提出が求められる場合があります。

対して、ネット保険では、健康診断書の提出はなく、告知書のみで審査されることが多い傾向にあります。

そのため、告知書から少しでも健康状態にリスクがあると判断されると、審査に落とされてしまうケースも少なくはありません。

まとめ

ネット保険は、保険料が安く、すべての手続きがネットで完了できる気軽さが特長です。

一般的な対面型の保険の場合は、プランや特約が多くて、いろいろ言われるがままつけていたったら保険料が高額になっていた、ということがありがちですが、ネット保険の場合はプランがシンプルな分、保険料も抑えられます。

このようなよい面がある一方で、デメリットももちろんあります。

特に、ネット保険は、営業担当者がいないことで、保険の検討から決定、手続きまですべて自分で行う必要があります。

ある程度の保険の知識があれば、どのプランが自分に適しているのか判断ができますが、全く知識がない場合は、不適切なプランを選んでしまうリスクがあります。

保険に加入した後に、後悔することがないように、ネット保険の良し悪しを理解した上で、自分に必要な保障が受けられるのか、いくら保障されるのかを、しっかりと把握するようにしましょう。

文 / 小林 愛加