仕事&マネー 「仕事ができる人は怖い」と思われてしまう4つの理由

「仕事ができる人って素敵で憧れるけど、なんだか怖い…」
「何を考えているかわからない」

皆さんも「優秀で助かるけれど、近寄り難い雰囲気を醸し出している人」に会ったことはありませんか?むしろ、「みんなにフレンドリーで、かつ仕事もできる」という人に出会うと、「こんな人がいるなんて!」と驚いてしまうかもしれません。

今回は、「仕事ができる人は怖い」と思われる理由を挙げていきます。

こんな質問したら、呆れられそう…って、思うことも。

1.結果を出すことにコミットしているため

優秀だと評価されている人は、それまでに結果を出してきた人でもあります。「結果を出す」という目標を達成するために、必要でないものをカットしたり、優先順位を低くしたりすることもあるでしょう。結果を高確率で出すためには、効率化や業務の見直しを行うことが必要だからです。

それらの一連の対応を見て、「怖い」と感じてしまう人もいるのかもしれません。

2.発言や行動に責任を持っているため

優秀な人は、自分の発言や行動に責任を持っている人です。パッと頭に思い浮かんだことをそのまま口に出したり、実行に移したりはしないでしょう。そのことによって、周りにどのような影響があるかをまず考えます。

時にはあえて遠回しな言い方をしたり、実行に移すまでに時間を置いたりするでしょう。何か意味を含んでいそうな発言や、計算された行動をするので、「何を考えているかわからない」と思われることもあるようです。

3.できない人の気持ちがわからないため

優秀な人の中には、仕事ができない人の気持ちがわからない人もいます。特に、元々の能力が高くて人よりも覚えるのが早かったり、場数を踏むことが多くブラッシュアップする機会に恵まれてきたりした人は、なかなかうまくできない人を見て、「どうしてできないの?努力が足りないだけでは」「真面目に取り組んでいるのか」と思ってしまうこともあるようです。

このような思いが自然に態度に出て、馬鹿にしている、性格がキツイと思われることにつながります。

4.嫉妬されているだけ

周りから嫉妬されているだけのこともあります。「なかなか結果を出せない、認められない」悔しさを持つことはモチベーションにつながりますが、結果を出せない原因を他人に結びつけてしまうと、それはただの嫉妬になるでしょう。

「私の方が本当はできるのに、どうしてあの人が評価されるのか」といった気持ちでいっぱいになるのです。

嫉妬の感情を持ってしまうと、基本的にネガティブなフィルターを通してしか相手を見ることができなくなります。「ミスを指摘された。私を攻撃しようとしている」「なんだか偉そう。性格悪い」など、相手が怖いことが前提になってしまうでしょう。

このように嫉妬している人が多数いる職場だと、優秀な人はどんなに周りに気を配っていたとしても、揚げ足をとられてしまいます。

また、嫉妬とは違いますが、人は自分たちとは違うタイプの人を目の前にすると、最初は違和感を覚えてしまうもの。突出した能力を持っている人を見れば、「自分たちとは別世界の人」と恐れを抱いてしまうこともあるでしょう。

「仕事ができる人は怖い」は、周りの勝手な思い込みであることも…

「仕事ができる人は怖い」と思われる理由を挙げてきました。本当に近寄り難い雰囲気を自ら放っている人もいますが、周りが勝手にそう思っていることもあるようです。

年明けから新たな職場で働き始めた人もいるでしょう。「周りからは怖いって言われているみたいだけど、話してみたいな」と思う人がいれば、話しかけてみてはどうでしょうか。思っていたよりも、合う人かもしれません。

【関連記事】
職場にいる「責任感のある人」の特徴とは?強すぎるゆえの懸念点も解説