仕事&マネー 退職時にわかってしまう、個人と企業それぞれの成熟度

年度末の退職に向け、そろそろ会社に退職報告するタイミングを考え始めた人もいるのではないでしょうか。

「終わり良ければ全て良し」と言われることもあるように、最後にどのような振る舞いをするかはとても大切。会社を離れる個人はもちろん、送り出す側である会社にも言えることです。去り際には、人間や組織としての成熟度が表れるといっても過言ではありません。

「子供っぽいな」「今後は応援したくない」と感じられる、個人と組織の姿勢を見ていきましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」とも言いますね。

退職が決まった途端、対応がいい加減になる

それまで丁寧な仕事ぶりを評価されていた人が、退職が決まった途端にいい加減な対応をすることもあるようです。「退職するから、もう関係ない」と当事者意識を持たなくなってしまうのでしょう。今頑張っても、成果が出るのは先のことであり、退職する自分にとっては、なんの利益にもならないからです。退職後のことに興味がないため、後任への引き継ぎも雑になります。

最後の対応が適当なら、それまでの実績や評価が台無しになってしまうでしょう。退職日まではその組織の一員であるのですから、最後まで責任を持って仕事に取り組むのが大人の対応ではないのでしょうか。

このことは、組織にも当てはまります。「もうこの人は、いなくなるのだから」と、冷たい態度をとるようになる職場もあるようです。秘密保持の関係などで、いなくなるとわかっている人には共有できない情報があったり、参加許可を出せない会議などもあるでしょう。しかし、相手に説明できるような理由もなく、感情だけで雑な対応をするようになる職場もあります。「転職するなんて羨ましい」「チームから退職者が出るなんて、上司としての自分の評価が下がる」などの気持ちがあるのかもしれません。

このような「自分にとって利益があるなら頑張る、利益がないならどうでもいい」という姿勢は、その人や組織の真の姿とも考えられるでしょう。去り際に本性があらわれるのです。

ネガティブ発言を繰り返す

「あの会社、ほんとひどくて…」など、退職した会社のネガティブな噂を広める人もいます。どんな人であれ、大なり小なり会社への不満は持っているもの。退職に至る経緯で、ひどく辛い思いをした人だっているでしょう。

しかし、新しい職場でそんなことを言えば、「うちの会社でも嫌なことがあれば、こんな風に噂を流すのかな」と思われ、信頼関係を築くのに時間がかかる可能性があります。また、世の中誰と誰がつながっているかはわからないものです。前の会社に伝わってしまうこともあるでしょう。

そして、自分では何気なく口にしたことが、秘密保持にかかわることもあるので、前の会社や仕事内容については気軽に口にしないことも大切です。

もちろん、なかには、ハラスメントや法律面の問題があった場合もあるでしょう。泣き寝入りをするなということではなく、そのような問題は然るべき窓口などに相談する方がよいのであって、誰これ構わず噂を流すのはどうか…ということです。

このことは企業にも当てはまります。「あの人、ほんとできなくて…」など、退職者のことをいろいろと言っている職場もあるでしょう。その場にもういない人のことは、なんとでも言えるものです。新しく入ってきた人は「自分も気に入られなかったら、こんな風に悪く言われるのかな」と不安になってしまうのではないでしょうか。

また、退職した本人の耳に入ることもあるでしょう。退職後も、その企業の商品やサービスのファンの一人になっていたかもしれないのに、ネガティブな思いでいっぱいになってしまうかもしれません。

退職時の対応を疎かにすることは、将来の可能性をも潰す

退職時の対応を疎かにすることは、お互いが嫌な気持ちになるだけでなく、将来の可能性も潰すことにもつながります。個人にとっては仕事のチャンスを逃すこともあるでしょうし、企業にとっては商品やサービス、採用活動のイメージを損なうこともあるでしょう。

個人も企業も、縁あって一定期間共に働いた関係です。お互いに言いたいことはあるかもしれませんが、感謝の気持ちは忘れないようにしたいものです。

【関連記事】
「仕事ができる人は怖い」と思われてしまう4つの理由