仕事&マネー 保険選びで失敗したくない方必見!医療保険はどんな時に保障が受けられる?

30代の若い年代でも、万が一病気になったときのことを考えると医療保険に加入しておいた方がよいのでは、と考える方も少なくはないでしょう。医療保険選びで失敗しないために大事なことは、「どのような時に保障が出るのか・出ないのか」を知っておくことです。

保険の内容は一見難しいように感じますが、一つ一つ保障の内容をみていくと、理解するのはそんなに難しくはありません。

この記事では、医療保険でよくあるトラブルや、医療保険はどのようなときに保障が出るのか・出ないのかについて解説しています。これから医療保険の加入を考えている方などは、ぜひ保障の出る・出ないのパターンを知って、ご自身に合った保険探しをしてみてください。

医療保険の保障を知ることの大切さ

わたしたちの生活は病気やケガ、災害などさまざまなリスクがつきものです。

そのようなリスクの経済的な助けとなるのが、医療保険ですが、保障についてよく知らないと、払われるはずの保険金が支払われていなかったり、実際に入院をしても免責期間によって給付金をもらえなかったり、といった予想外の出来事が起きる可能性もあります。

このようなことが起きないように、医療保険でよくあるトラブルをいくつかみておきましょう。

医療保険の入院給付金でよくあるトラブル

医療保険の入院給付金でよくあるトラブルの一つが、「保険会社の定めた入院日数の条件よりも、実際に入院した日数が少なくて給付金がでなかった」というケースです。

例えば、入院給付金の支払い条件が「継続して5日以上の入院であること」であるのに対し、実際には3泊の入院で済み、給付金を申請をしたが支給されなかったということが起こったとします。

これは、保障内容を把握できていなかった故に起こったトラブルのことがほとんどです。

昨今は、短期入院が増えているため、保険選びの際には、何日間の入院で給付金が支給されるのかをチェックしておくことが大切でしょう。

医療保険の手術給付金でよくあるトラブル

医療保険の手術給付金でよくあるトラブルの一つが、「手術をしたけれど、保障対象外の手術だったため給付金が出なかった」というケースです。

保険商品によって、手術給付金の対象は異なりますが、基本的には公的な医療保険の対象手術は、給付金の対象でもあると思ってよいでしょう。

しかし、美容に関する手術やレーシック治療などは、病気の治療のための手術ではないため、多くの場合は、保障の対象外となっています。

手術後に、給付金が出なかった……という状況にならないように、保険商品を選ぶ際には手術給付金の対象・対象外を必ずチェックすることが大切です。

どんなときに保障が出るのか・出ないのかを知っていればトラブルは防げる

保険選びで失敗してしまう大きな要因となっているのが「保障をよく把握していない」ことです。

実際には、将来にどのような病気になるかは予測がつきませんが、そのような中でも、どのような状況のときにどんな保障を受けたいのか、を考えて保険を選べば、おのずと保障内容が把握できます。

自分に合った保険を選べるように、まずは、ご自身でもどのような保障を希望するのかを明確にしてから、商品探しや、保険の営業担当者と相談をするとよいでしょう。

こんな時には保障は受けられる?

では、実際に5つのケースを例に、医療保険の保障がどのようなときに受けられるのか、または受けられないのかをみていきましょう。

1 2