仕事&マネー 仕事で困っていても、助けてもらえない人の特徴3つ

職場を見渡してみると、仕事で困っているとき、なぜかいつも助けてもらう人と、そのままにされている人がいませんか?あなた自身、困ったことがあったときはフォローし合うことが大切と思いながらも、依頼されない限りは関わりたくない…と思ってしまう相手がいるかもしれません。

どうせなら、自分は、他人から快く助けてもらえる側でありたいと思いますよね。今回は、反面教師として、困っていてもなかなか助けてもらえない人の特徴を挙げていきます。

1.普段から自分のことしか考えていない

普段から「やってもらって当たり前」「困っている人がいるけれど、自分には関係ないし」という態度をとっている人は、いざ自分がピンチに陥ったとき、周りからなかなか快くサポートしてもらえないでしょう。他のメンバーも大人なので、最終的にはフォローするでしょうが、心の中では、「他の人のことは助けないのに…」なんて思っているかもしれません。

普段から気を配り、周りの人のことを考えて行動している人は、「いつも助けてもらっているから、今度は私が力になりたい」と自然と思ってもらえるものです。

2.厚意を素直に受け取れない

「何か力になれることはありますか?」と言われたとき、思わず「自分で対応するので、結構です」とバッサリ断ってしまうことはありませんか。まずは、声をかけてくれたことに対して感謝の気持ちを伝えましょう。

そして、相手の申し出を断ったのは、別に迷惑だからではなく、遠慮している気持ちからという人もいるでしょうし、そう受け取る相手も少なくないはず。しかし、毎回このやり取りが続けば、相手も「どうせ聞いても断られるだけだよね」と今後は声をかけなくなる可能性もあります。「なんでも自分で対応しなきゃ、気が済まない人なんだな」と思っていることもあるでしょう。

なんでもかんでも自分で対応しようとする人は、一度自分を振り返ってみてもいいかもしれません。その姿勢は責任感の強さからくるものであり、賞賛に値するでしょうが、時には周りに相談したり、手を差し伸べられたら素直に感謝したりすることで、仕事の効率や職場の人間関係を良くすることができるでしょう。自分の視野も広がるはずです。

3.仕事に対する責任感が感じられない

遅刻や無断欠席の常習犯、好き嫌いで仕事をする、すぐに責任転嫁をするなど、仕事に対する責任感が感じられない人がピンチに陥っても、助けを求められた側としては、「そりゃそうなるよね…」と思ってしまうかもしれません。

仕事には向き・不向きやタイミングなどがあるので、どんなに頑張ってもピンチに陥ったり、失敗してしまりすることはあるでしょう。しかし、最初から努力しようとしない、真正面から向き合おうとしない結果、起こったトラブルの対応を頼まれた人は、なんとも複雑な気持ちになるのではないでしょうか。

他人に求めるのではなく、まずは自分自身を振り返ろう

いざというときの周りからの反応には、普段の自分の行いがあらわれます。もちろん、心の余裕がない人がたくさんいるという職場の問題が原因であることもありますが、「私のことだけ、なぜかみんな助けてくれない…」と悩んでいる人は、周りに求めるだけでなく、まずは自分自身を振り返ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
退職時にわかってしまう、個人と企業それぞれの成熟度

 

なぜかピンチのときにいつも助けてもらえる人っていますよね。