仕事&マネー やる気はあるのに、評価してもらえない…熱意が空回りしている人に見られる特徴4つ

「やる気は誰よりもあるのに、相応の評価を得られない…」など、自分の熱意と周りからの評価にギャップを感じている人もいるのではないでしょうか。

仕事の評価というものは、他人がするもの。多くの職場では、成果をもって評価をするでしょう。どんなにやる気があっても成果を出せなければ、評価される可能性は低いのです。

どうしてそのような状況になっているのか考えるべく、熱意が空回りしている人に見られる特徴を4つ挙げていきます。

1.自分で考えようとしない

「この部分について、教えてください」など、積極的に上司や先輩に質問している人を見ると、多くの人は、一生懸命仕事を覚えようとしているのだなと感じるでしょう。しかし、教えてもらう前後に自分の頭で考え、手を動かすことをしなければ、その知識はなかなか定着しません。

何かわからないことがあったらすぐ質問、回答を聞いたら終わり!では、この先も同じような質問をずっと繰り返していくことになりかねません。

社会人になったばかりの若手の頃は、そのような仕事の仕方を含めて指導してくれる人もいるでしょうが、多くの場合、本人の意図にかかわらず「やる気アピールだけの人」と見なされる可能性があります。

2.「でなければならない」が多すぎる

自分の経験に自信があり、「このケースは、この方法でなければならない」というこだわりがある人もいるでしょう。後輩など積極的にやり方を教えている人もいるかもしれません。自分の仕事に誇りを持つことは素晴らしいことです。

しかし、その方法でなかなか結果が出ないにもかかわらず、「今までこれでうまくできていたから」という理由だけでずっとその方法にこだわっているとしたらどうでしょう。その自信や熱意が結果的に成果を出すことの障害になってしまうこともあるのです。

3.自分を客観視できていない

「もっといろいろなことができるようになりたい」
「新しいことにチャレンジしたい」

向上心を持つことは仕事を進める上で、大切なことです。

しかし、目の前の仕事で認められているわけではないにもかかわらず、新しいチャレンジばかりに目を向けている人は、なかなか仕事を任せてもらえないでしょう。

もちろん、仕事には向き不向きがあるので、今の仕事よりも他の仕事で成果を出せる可能性もあります。ただ、「私にはもっと活躍できる職場や仕事があるはずだ」といつも転職や異動を繰り返しているような人は、一度自分を見つめ直すことで発見があるかもしれません。

4.自分の利益を中心に考えている

自分が得することだけを考え、相手の労力や気持ちを消耗させる“Taker”も結果的に空回りとなってしまう可能性が高いでしょう。周りがどんどん離れていくからです。

仕事は内容によって程度の差こそあれ、基本的に1人で完結させることは難しく、他の人たちとの協力が必要になってきます。

他の人の協力があったにもかかわらず、自分だけの手柄のように振る舞ったり、利益や評価を独占するようなことをしたりすれば、良好な人間関係は壊れていきます。

完全に“Giver”になることが理想とは言いませんが、その精神を持って仕事や他のメンバーに向き合うことは大切なのではないでしょうか。

他人からの評価を求める場合、報われない努力もある

他人からの評価を得ることを優先する場合、どんなに頑張っても、方向性が間違っているとその努力は報われないこともあります。そしてその間違いは、自分1人ではなかなか気づけないことも多いようです。

「やる気は誰よりもあるのに、相応の評価を得られない」と悩んでいる人は、今回挙げた点に当てはまることがないか、振り返ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
仕事で困っていても、助けてもらえない人の特徴3つ

 

現状なかなかうまくいかないときは、視野を広げようとする姿勢を持つことも大切。