仕事&マネー 初心者が押さえるべき“投資”の4つのルールとは?

スキルアップの勉強、趣味、将来のため…これからのことを考えると、単に貯金をするだけではなく、資産を上手に運用できたら、と考える人が増えています。まず、投資初心者が押さえるべきルールはこの4つ。Suitsのバックナンバーからご紹介します。

1 なぜお金が必要なのか? 目的に合わせた投資法を選ぶ

投資でまず大事なのは目的を決めることです。何のためにお金が必要なのか、目的が決まらないうちは、“どのくらいの期間でいくらを貯める必要があるのか”がわからないので計画は立てられません。結婚資金や留学資金が欲しいのか、自分年金を貯めたいのか。目的を決めた後、各自に合った投資方法を探していきましょう。

2 リターンよりリスクから投資の方法を考える

投資をする際は、リターンよりもリスクから考えるようにしましょう。初心者はとにかく短期で殖やすことばかり考えがち。でも、高いリターンを得るには、それ相応のリスクを伴うもの。短期間で大金が手に入る可能性があるリスクの高い投資は、失敗すれば大きな損失に。失敗時のリスクも考えて選択を!

3 投資に使うお金は「余剰資金で」が鉄則!

投資の大原則は、“余剰資金でやること”。生活費など、暮らしていくうえでの必須のお金で投資を始めると、冷静さを欠いて判断を誤ってしまいます。投資で生活を脅かしては本末転倒。投資は冷静な判断が命です。絶対に生活費には手をつけないこと!

4 投資を始める第一歩としてネット証券に口座を開こう

株や投資信託などの金融商品を買う時に、必須なのが証券口座。FPの先生によると、投資をするならネット証券がオススメだそう。対面式の証券会社よりもネット証券のほうが、手数料も安く、手続きも簡単。初心者向けのサービスも多数あります。ネット証券であれば差はほぼないので、自分がなじみ深い証券会社を選びましょう。

 「投資」というと、難しい、危ないものというイメージを抱く人もいるかもしれませんが、上手に投資すれば将来の資金に。しっかりと情報を集めて、自分に合った方法を見つけましょう。

 

kenjo2014_0206_01
参照:『Suits』2013年夏号 P.97
「5万円から始める 初心者のためのプチ投資入門」