仕事&マネー 63.6%が「上司とSNSで繋がりたくない」! あなたは「ソーシャルメディア・ハラスメント」の経験アリ?

SNSが普及し、いまやプライベートだけでなく、仕事で活用している人も多いと思います。SNSチェックが日課になっているという人も多いのでは? その一方で、仕事とプライベートは切り離したいと考える人も。オウチーノ総研が20~39歳の社会人を対象に実施した「SNSに関するアンケート調査の結果を紹介します。みんなはSNSと職場の関係をどのように考えているのでしょうか?

3人に1人は、上司とLINEで友だち!?

「SNSで職場の人と繋がっていますか?」と聞いたところ、最も多かったのはLINEで61.3%、続いてTwitterで繋がっている人は20.5%、Facebookで繋がっている人は37.6%、Instagramで繋がっている人が17.7%となりました。
詳しく見てみると、3人に1人は、上司とLINEで繋がっていることが判明。特に20代は43.0%にのぼり、上司と部下との距離はSNSを通して非常に近いものになっているようです。その一方、匿名性の高いTwitterは、同期ですら1割にとどまりました。

LINEで繋がっている職場の人は?
社長や役員(14.1%)
上司(32.4%)
同期(45.9%)
部下(24.4%)
誰とも繋がっていない(17.2%)
登録していない(21.5%)

Twitterで繋がっている職場の人は?
社長や役員(5.3%)
上司(5.3%)
同期(11.6%)
部下(7.6%)
誰とも繋がっていない(38.4%)
登録していない(41.1%)

Facebookで繋がっている職場の人は?
社長や役員(9.3%)
上司(15.3%)
同期(26.5%)
部下(12.4%)
誰とも繋がっていない(26.8%)
登録していない(35.6%)

Instagramで繋がっている職場の人は?
社長や役員(3.8%)
上司(5.8%)
同期(10.6%)
部下(5.0%)
誰とも繋がっていない(25.2%)
登録していない(57.1%)

1 2 3