仕事&マネー 覚えておかないと損! 銀行を使ううえでの大切な3箇条

お金は貯めたいけれど、どこを節約しよう、無理はしたくない……そんな人は、まず日頃の銀行の使い方を見直してみましょう。「ま、いっか」をなくすだけで少しの余裕が生まれてくるはず! Suitsの過去記事からヒントをご紹介します。

1.時間外に銀行でお金の引き出しは絶対にするべからず

仮に1日1回下ろせば手数料105円でも、チリも積もれば1か月3, 150円。1年で3万7800円。銀行の利子でも追いつきません。手数料の発生する時間を避け、計画的に下ろしましょう。

2.光熱費などの支払いは引き落としに!

意外と知られてませんが、水道代や電気代などの公共料金などは、引き落としの場合には、手数料は発生しません。それどころか安くなるのでお得です。公共料金を支払い忘れて延滞利息を支払う…なんてことも避けられるので、ぜひ検討を。

3.普通預金は財布代わり、定期預金は貯金箱代わり

給料、生活費、遊びのお金などを全部普通預金で管理すると、なし崩し的に使ってしまうのが人の常。来月で帳尻を合わせよう…などと思わずに、しっかり定期預金で「絶対使わないお金」を作りましょう。

]kenjo2

参照:『Suits』2013年春号 P.30~31
「貯める&ふやすためのテクニックを学ぼう!」