仕事&マネー コーヒー、トイレ、甘いもの……残業はしたくない!女子にとって仕事効率化に有効なキーワードは?

仕事効率化の強い味方は「コーヒーで一息」

とはいえこんなに根詰めて頑張っていても、人間の集中力には限界があります。適度に休憩をとったり息抜きすることは必要だと思いますが、皆さんどんなことで集中力を高めているのでしょうか?同調査による結果はこちらです。

 

コーヒー・紅茶の威力は絶大!スタバなどのカフェが人気を博す理由が分かります。

 

1位は「コーヒーや紅茶を飲む」。かつて職場でコーヒーといえば、短い休憩時間にグイっと飲める「缶コーヒー」が主流でした。しかし今では、仕事をしながら少しずつ飲むスタイルが定着。その結果、カフェやコンビニで提供される“フタつきカップ”によるコーヒーや紅茶がデスクのお供になっています。こういったスタイルは、仕事の息抜きに大きな役割を担っているようです。

さらに調査結果で気になるのは「トイレに行く」と答えた人が案外多いこと。抗えない人間の生理現象が、かえって効率化につながってるのは興味深いところです。仕事を離れることに罪悪感がないからでしょうか?

 

コーヒーに含まれるカフェインが眠気を防止する効果も期待できる?

さらに同調査では「仕事の集中力が高まる時間帯」と「落ちる時間帯」についても調べています。結果「高まる時間帯」の1位は「9:00~12:00」が65%で圧倒的。一方「落ちる時間帯」は「15:00~18:00」が56%、「18:00~22:00」が22%と15時をさかいに集中力が落ちる人が8割を占めています。やはり人間、それほど長く集中力は続かないようです。そう考えると遅い時間ダラダラ残業をするのは、効率が悪くなるので控えたほうがよさそうですね。

 

【調査概要】
調査媒体:エン・ジャパン株式会社
調査対象:『エンウィメンズワーク』 を利用するユーザー
有効回答数:女性398名
調査期間:7月25日 ~ 8月28日

1 2