仕事&マネー 遅刻癖がある人は来年こそ改めるべし!ビジネスシーンでの“5分”遅刻、8割以上が「印象下がる」

ビジネスシーンでの待ち合わせや集合時間において、絶対に避けたいのが「遅刻」。しかしうっかり寝坊や体調不良、さらには交通機関のトラブルなどで、意図せず予定より到着が遅くなってしまうことは、多くの人が経験しているのではないでしょうか?

通勤にまつわる様々な調査・研究結果を発信するリサーチ型メディア「通勤総合研究所(通勤総研)」では、出勤時や打ち合わせ時のビジネスシーンなどでの遅刻実態を調査。こちらをもとに、遅刻によっておこる損害について考えます。

何だかんだで7割は「遅刻したことがない」!

同調査によると、ビジネスにおける「出勤時」と「打ち合わせ時」、そして「プライベート時」それぞれの遅刻の有無は、以下の割合となっています。

  • 出勤時

遅刻したことがある……20.3%

遅刻したことがない……72.1%

出勤時間が決まっていない……7.6%

 

  • 打ち合わせ時

遅刻したことがある……5.3%

遅刻したことがない……77.3%

社外の打ち合わせがない……17.4%

 

  • プライベート時

遅刻したことがある……15.6%

遅刻したことがない……78.0%

待ち合わせがない……6.4%

 

遅刻で一番遅刻したことがある割合が多いのは「出勤時」。出勤時に遅刻する理由で一番多かったのは「寝坊した(25.1%)」だそうです。一方「打ち合わせ時」で一番多かった遅刻の理由は「前の予定が押した(32.1%)」「プライベート時」で一番多いのは「支度に時間がかかった(50.6%)」でした。やはり同じ遅刻でも、理由は微妙に違うもの。特にプライベート時の遅刻理由は寝坊や前の予定が押したのとは違い、避けようと思えばなんとかなるのではないでしょうか?

ただ3つとも共通して7割以上は「遅刻したことがない」と回答。遅刻は誰もがしてしまうものではなく、実はしない人のほうが圧倒的に多いのです。

 

仕事では遅刻しないのに、プライベートではよく遅刻をする「確信犯」の人もけっこういます。

1 2