仕事&マネー ホントに!?クレジットカードを“1枚に集約派”より“複数枚使い分け派”のほうが、恋愛も仕事もうまくいく説

皆さんはクレジットカードを何枚持っていますか?今の時代、銀行のキャッシュカードやショッピングモールのポイントカードにも、クレジット機能が搭載されていることは珍しくなく、使いこなすのはなかなか大変。結果「もうこのカードだけでいいや」と1枚に集約している人も多いのではないでしょうか?

しかしクレジットカードを1枚に集約している人より、複数枚を使いこなしている人のほうが、恋愛も仕事もうまくいく、そんな調査結果があるようです。

4枚以上のクレジットカードを使いこなしている人は「出世が早い」説

今回紹介するのは「トレンド総研」による「クレジットカードに関する調査」。まず所有枚数4枚以上と1枚のビジネスパーソンを対象にそれぞれ「出世」の状況について調査したところ、「出世が早い」と答えた人の59%が「所有枚数4枚以上」だったそうです。一方「所有枚数1枚」のビジネスパーソンで「出世が早い」と答えたのは48%。11%の差で、4枚以上の人が上回っています。

複数枚のカードをうまく使いこなすのは、なかなか大変そうです。

一体なぜクレジットカードを4枚以上使っているほうが、出世が早まる傾向が見られるのでしょうか?一見何枚もクレジットカードを使っているとポイントが分散されて管理が面倒になり、カードで財布もかさばるデメリットもあるように感じます。

同調査では「出世」と「クレジットカード選び」の関係性について、ファイナンシャルプランナーの大竹のり子さんに意見を伺っています。大竹さんによると「出世する人には、自分に合ったクレジットカードを選別したり、クレジットカードを上手に使い分けできたりする人が多い」とのこと。つまり闇雲に4枚以上のクレジットカードを持つのではなく、それぞれのカードの還元率やサービスなどを見極め、適材適所で使う能力こそが出世の近道となるのかもしれません。

1 2