仕事&マネー 正社員3000人の「副業」実態調査……約3割の経験者が選択する、圧倒的に多い職種とは?

政府が推進する働き方改革により、完全解禁は目の前と言われることが多い「副業」。企業レベルではすでに容認しているところもあり、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。実際「エン・ジャパン株式会社」が正社員3000人を対象に行なった実態調査によると、なんと全体の88%が「副業に興味がある」と回答しているといいます。

 

副業経験がある人は全体の3割、うち現在も継続している人は約4割に

そもそも、実際副業をしている人はどのくらいいるのでしょうか?同調査によると「副業経験がある」人は全体の32%。うち現在も「続けている」人は45%だそうです。いずれも半数には届きませんが、完全解禁前で10人いれば3人は経験者と考えれば、けっこうな実施率という気がします。

では、経験者はどんな種類の副業を行なっていたのでしょうか?気になるその内容は以下の通りとなります。

利用する人も多そうな「ネットオークション」「フリマサイト」ですが、副業としてビジネスにしている人も少なくないようです。

圧倒的に多いのは、接客や販売などの「アルバイト」。一方上位の「アンケートサイト・ポイントサイト」「ネットオークション・フリマサイト」や「アフィリエイト」などは、主にスマホやパソコンがあれば家で作業できるのが特徴です。副業は現場で接客などを中心としたアルバイト業か、スマホやパソコンを使った地道な作業系に多く分類されるようです。

引越しバイトは日雇いも可能なケースが多く、ビジネスパーソンの副業に人気のようです

1 2