仕事&マネー 素直に話を聞いてくれない、生意気……。プライドの高い後輩に仕事を教える時の心理テクニック

弱みを共有して、相手に素直になってもらう

自分の仕事を手伝ってくれた時は、後輩にねぎらいの言葉をかけてあげるのも良いですね。一緒にランチに誘ったりして、世間話をしたりしてコミュニケーションを図るのも良いでしょう。

また、プライドの高い女性は自ら弱みを見せるのが苦手なので、こちらから自分の弱みを出すと良いでしょう。弱みの伝え方は、「実はね……」といった感じでランチの時に弱い部分を出すと効果的です。

時には、美味しいランチを食べに後輩を誘って世間話をしてみましょう。

女性は、美味しいものを食べる時に素が出やすいもの。ランチの時に、色々とプライベートな話をして相手の性格を把握しておきましょう。仕事では厳しくてクールな先輩でも、ランチでは弱みをさらけ出す姿を見せる事で、後輩も自分の弱い部分を出してくれるようになりますよ。

プライドの高い後輩に仕事を教えるテクニックまとめ

プライドの高い後輩に仕事を教える時は、相手の自尊心を傷つけないように配慮したり、ついつい気を使ってしまうかもしれません。

特に相手が自分より遥かに高学歴で頭が良かったりすると、教える時に躊躇してしまうことも。しかしあなたの方が職場では先輩なのですから、相手は仕事を覚える為にはあなたに頼らなければならないのです。高学歴だろうと生意気だろうと、必要以上に先輩が怯む必要はありません。むしろ、毅然とした態度で接しましょう。

プライドの高い後輩に仕事の注意をする時は、相手のプライドを傷つけないように褒めながら注意すると良いでしょう。相手がプライドの高さから嫌な態度を取ってきたからといって、ムキになってやり返す必要はありません。

プライドの高い女性は、相手に褒められると素直になる傾向が高いので、「褒める→注意する→フォローする」という順番で注意する事で、相手に嫌がられることなく注意する事が出来るようになります。

1 2