仕事&マネー 企画を上手に通したい!プレゼンを成功させる魔法の言葉

「このプレゼンの大事なポイントは、○つあります」と、内容の結論を先に伝える

プレゼンは、ダラダラと話をしないように最初に結論を伝えましょう。「このプレゼンでは○○について話をしたいと思います」「このプレゼンの大事なポイントは○つあります。まずは、一つ目から紹介したいと思います」といった感じで、説明をする前に何を話すのかを伝えるようにします。こうすることで、聞き手は退屈せずに話を聞いてもらえるようになります。

またポイントの説明には、必ず根拠になるようなデータを用意しておき、ハッキリした口調で伝えるように意識しましょう。一番伝えたい部分は、資料に赤や太字を入れて作成するようにしましょう。

もし話す内容を忘れてしまったら

もし、プレゼンの途中で話す内容を忘れてしまったら質疑応答に切り替えましょう。無理して話しをしようとすると、「えーと」「うーん」「あのー」など余計なフレーズを言いがちになってしまいます。また、相手からの質問で、もしおかしな話があったとしても、出来るだけ否定するのではなく肯定しながら聞くようにしてください。

 

企画を上手に通したい!プレゼンを成功させる魔法の言葉まとめ

企画を上手に通すには、トークスキルが必ずしも必要とは限りません。上手く話すよりも、相手の立場に立って話したり、聞き手にわかりやすく伝えることが大切です。

聞き手にわかりやすく話すには、プレゼンをする前に結論を伝えましょう。その時に「今回のプレゼンでは○○について話をします」と言い切ってしまいましょう。その次に、「今回のプレゼンでは、大事なポイントが○つあります」と言って、重要なポイントの数を伝えてから1つずつ話をすると聞き手も退屈せずに話を聞きやすくなります。

プレゼンでは、「えーと」「あのー」「うーん」など不要な接続語を極力省くように意識しましょう。無駄な言葉が入ることで、聞き手も混乱しやすくなります。たくさん話をすればいいわけではなく、いかに無駄を省いて簡潔に伝えるかが大切です。

プレゼンは独りよがりになってしまってはNGです!

1 2