仕事&マネー 【お得なクレカ・ポイント活用】正しく理解したいリボ払いと分割払いの違い

クレジットカードやポイントのお得な活用方法を指南する【お得なクレカ・ポイント活用】。今回はクレジットカードの支払い方法についてご紹介します。通常は翌月一括払いですが、高額の買い物をした場合などには、分割払いやリボ払いにすると、支払いやすくなります。利用したことがある人も多いのでは?でもこの2つ、同じように複数回で支払いますが、その中身には違いがあります。

☆☆☆

クレジットカードの支払い方

クレジットカードの支払い方には、大きく以下の4つの方法があります。

1回払い・手数料不要
●翌月一括払い
●ボーナス一括払い
複数回払い・手数料必要
●分割払い
●リボ払い(リボルビング払い)

一般的な支払い方法は「翌月一括払い」で、カードを利用した翌月の引き落とし日に、一括で支払います。「ボーナス一括払い」の場合は、カードを利用した翌ボーナス時期に一括で。支払時期は通常、夏は7月か8月、冬は12月か1月。この2つは一般的に手数料はかかりません。

一方、高額商品を購入した時などに、月々の支払いを無理のない金額にする方法として、「分割払い」と「リボ払い」があります。

「分割払い」は6回、12回、24回などと、支払い回数や月々の支払い額を決めて支払っていく方法。支払い回数を多くすれば月々の支払いは少なくできますが、その分、手数料が多くかかります。支払い回数を少なくすれば月々の負担は増えますが、手数料が低く済み、支払いを早く終えることができます。分割払いを選んでも、2回払いの場合は手数料が不要のケースがほとんどです(国内利用の場合)。

「リボ払い」は月々の支払い金額を2万円などと決めて、その残高を支払っていく方法。月々の支払いを一定額に抑えられるので、支払いやすくなります。ただ無計画に利用すると、いつまでも支払いが終わらないということも。毎月の支払いは元本の返済額と手数料の合計。元本が増えると手数料が多くかかるので、その分、元本の返済額が少なくなり、いつまでも元本が返済できないといったことになります。

 

■リボ払いと分割払いの支払いイメージ図

同じ金額の買い物でも、リボ払いと分割払いでは支払い方がこのように異なる。なおリボ払いは一定の返済額に手数料がかかる形で記載。

次ページでリボ払いをさらに詳しく紹介!

1 2