仕事&マネー 人生いつだって遅すぎることはない!35歳のリスタートで夢を実現させた、ビジネスウーマンの成功の秘訣は?~その2~

「今からやったって、もう遅いし……」「どうせ無理だし……」そんな風に自分のやりたいことや、夢を諦めたりしていませんか?

そんな行動に移せない堅実女子にご紹介したいのが、35歳で離婚後、単身渡仏し、腕一本からブーランジェリー『メゾン・ランドゥメンヌ』を大成功させているビジネスウーマン・石川芳美ランドゥメンヌさん。石川さんは35歳からの転機で仕事で成功するだけではなく、イケメンで優しいフランス人の旦那様とプライベートも充実し、2人のお子さんもいらっしゃいます。パン職人、経営者、妻、母……さまざまな顔を持つ彼女にアラサー女子へのアドバイスを伺いました。前編の記事はコチラ

石川芳美ランドゥメンヌさん

石川芳美ランドゥメンヌ……1966年東京都生まれ、広島育ち。1992年より製パンに従事し、「Green House製パンスクール」、「パン工房ヴェルツ」を経営。2002年に渡仏し、2006年には夫のロドルフ氏とブランジェリー・パティスリー・メゾン・ランドゥメンヌを開業。フランス全土に15店舗、東京に2店舗のブーランジェリーパティスリーカフェを営む。そのほか、Yoshimi boulangère international にて留学事業も手掛けている。

新しい挑戦が、新しい自信につながる

人生を、夢を諦めない石川さんはとってもエネルギッシュです。その石川さんのエネルギーは、どこから生まれてくるのでしょうか?

「子供の頃から挑戦が好きでした。なんというか、遠い目標を追いかけるのが好きなんです。これは52歳になった今も変わりません。人間はいくつになっても可能性にあふれているのです。どんなことでもいいですから、新しいことに挑戦すると新しい世界が見えてきて、“新しい自信”というご褒美をもらえます」

これがキャリアの助けになる、と石川さんは続けます。

「挑戦するからこそ、できないことができるようになります。もちろんそのためにはトライ&エラーを繰り返さなくてはなりません。失敗だって無数にあります。だからこそ、失敗に強くなり、チャレンジすることに強くなります。するとチャンスを捕まえやすくなるんです。これは仕事でもプライベートでも同じことです。そしてその挑戦を支えるのは、“自分の強み”なんですよ」

挑戦を底から支えるのは、“自分の強み”と語る石川さん。でも、なかなか“自分の強み”って、わからないものですよね。その作り方、見つけ方について教えてください。

「私の場合、パンを作る技術や情熱は誰にも負けませんでしたので、渡仏する時もそんなに心配していなかったのです。やはり“好きなこと”だから、苦労も苦労とは思わなかったのかもしれません。誰にもそういう特技があり、それが“強み”になるのだと思います。あとは、自分が育った文化背景や生活も強みになっていきます。私の場合、日仏の文化をよく知っていることが強みになっていると思います。今回、『メゾン・ランドゥメンヌ』の麻布台店と赤坂店で行なっているフランスウィークも、その強みを最大に生かしました」

1 2