仕事&マネー 働き方の理想と現実にはギャップあり!? 7割以上が「社会で女性がもっと活躍したほうが良い」

仕事を楽しみ、活躍する女性が増えている現在、「女性の働き方」について、「女性自身」は、どのように考えているのでしょうか?
千趣会の通信販売サービス「ベルメゾン」は、コミュニティサイト「ベルメゾンデッセ」の会員3107人を対象に「これからのワークバランス」についてアンケートを実施。それによると、7割以上の女性が「社会で女性がもっと活躍したほうが良い」と回答。
「女性の感性が社会に求めらてきている」と思っている人も63.3%と、それぞれの感性を生かし、女性が社会でもっと活躍したほうが良いと思っている人が多いことがわかりました。

kenjo_20140915_01

女性が働きやすい社会ではないと感じる人が多数

次に「いまの社会について、どのように感じていますか?」という質問では、「女性が働きやすい社会になってきている」、「育児支援やサポート体制が進んできている」、「女性の給与が上がってきている」の各項目について、「そう思う」と回答した人は3割程度。多くの人は、女性が働きやすい社会になってきているとは感じていないようです。

kenjo_20140915_02

▼働き方の理想と現実は次のページで!

1 2