仕事&マネー 「叱るのが苦手」「世代間ギャップを感じる」……年下社員との接し方で悩んだことがある女性は約6割

年下社員とうまく付き合うコツは、何だと思いますか?(複数回答可)

年下社員とうまく付き合うコツ、第1位は「良いところを褒める」!

年下社員とうまく付き合うコツ、第1位は「良いところを褒める」!

【全体】
1位:良いところを褒める(72%)
2位:プライベートにはあまり踏み込まない(45%)
3位:優しく接する(36%)
3位:業務の効率的な進め方を教える(36%)

【30代】
1位:良いところを褒める(74%)
2位:プライベートにはあまり踏み込まない(42%)
3位:業務の効率的な進め方を教える(39%)

【40代以上】
1位:良いところを褒める(71%)
2位:プライベートにはあまり踏み込まない(48%)
3位:優しく接する(32%)
3位:業務の効率的な進め方を教える(32%)

1位は「良いところを褒める」(72%)でした。回答した人からは「気持ちよく仕事に向き合って欲しいから」(34歳)、「良い所に目を向けるほうが、お互いに良好な関係を築けると思うから」(43歳)という声が。自分の新入社員時代を思い出して、上司にされて嬉しかったことをする、というのはいいかもしれませんね。

続く2位は「プライベートにはあまり踏み込まない」(45%)。「仲良くなりすぎると仕事に影響が出ることもある。ある程度の距離を保つべきだと思う」(31歳)、「自分から話してくるまでは、あえてプライベートに関わることは聞かないようにしている」(44歳)など、オンオフをきちんと意識するというコメントが寄せられました。

3位は「優しく接する」、「業務の効率的な進め方を教える」(いずれも36%)でした。「優しく接する」と回答した人からは「質問しやすいと思ってもらうことで、後輩が1人で悩むのを防げるから」(33歳)、「優しく接したほうがコミュニケーションを取りやすいから」(40歳)という声が。
「業務の効率的な進め方を教える」と答えた人は「作業スピードが上がったほうが仕事を楽しめるから」(32歳)、「新しい知識を教えてあげることで尊敬されるから」(42歳)と理由を挙げました。

若手社員は貴重な戦力! 辞められたら困るという考えもわかりますが、しっかり育てていきたいところ。良いところは言葉にしてしっかり褒める、仕事内容についてはわかりやすく説明する、質問しやすい環境を作る、など年下社員と上手く付き合うコツが見えてきたのではないでしょうか。うーん、先輩って大変!

 

【参考】※ エン・ジャパン株式会社
【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『エン派遣』を利用している30歳以上の女性ユーザー
有効回答数:1,215名
調査期間:2018年7月31日~8月29日

1 2