仕事&マネー できる人ほど仕事量がどんどん増えていく……これ以上は無理!というときに取るべき行動4つ

会社の中の誰かに相談する

上長でも、先輩でも、誰でもいいので、現状仕事量が多すぎてもうクタクタ……という状態の時には、相談してください。言葉にする、口にするだけで、自分の気持ちがどんな状態なのかがわかりますし、第三者にも伝わります。もしかしたら、周囲の人はあなたが好きで仕事をしているもの、と思っているのかもしれません。最初は「好き」から始まった仕事でも、追いつめられるような状況になっているようなら、それはもう危険水域です。

思い切って断る

どうやっても余裕が無い、これ以上は抱えきれないという状況ならば、新規案件はもちろん、現在抱えている案件のいくつかを敢えてお断りするのも勇気ある決断です。あなたの仕事の進め方によりますが、どんな案件でも引き受けて雑でもいいから仕上げる、というタイプなら、その総数を減らすことで余裕が生まれます。もしあなたが丁寧に進めるタイプなら、「お声がけありがとうございます。でも大変申し訳ないのですが、今の自分はこういう状況で満足いく内容の仕事ができないと思うので、今回はお断りさせてもらえませんか?」と伝えて自分をガードしましょう。それでも仕事を振ってくるような人は、ある意味あなたに依存しているのです。ちゃんとあなたのことを考えている仕事相手は、慮ってくれるはず。

なお、お断りするときは「ありがとうございます」を付け加えると、感謝の気持ちが伝わるので、お断りしてもネガティブな印象にはなりにくいですよ。

1人で抱え込まないで、断ることも時には大事です。

日本人はワーカホリックになりやすい傾向があります。自分を信頼してくれている、自分は頼られている、自分がやらなくちゃ……そう思うあなたは、とても素晴らしい人。でも、無理をしてはいけません。自分の中にゆとりや余裕が無いと、ストレスが溜まって良いパフォーマンスができなくなりますよ。爆発寸前まで抱え込まずに、自分の中でデッドラインを設定して、ワークライフバランスをよく考えましょう。

1 2