仕事&マネー 夫婦の職場の交友関係、どのくらい把握していますか?年末に妻が夫の職場関係にお歳暮を贈る割合は●%!

女性は結婚後、夫が職場でお世話になっている人と良好な関係性を築くためのサポートをする。少し前までの日本の家庭では、それが当たり前でした。その役割を担っていたのが「お歳暮」や「年賀状」。さらに年始になると、夫の上司の家へあいさつ回りに足を運ぶといった風習もありました。しかし現代はこれらの風習も徐々に薄れ、さらに女性も仕事を持つ時代です。現代の夫婦はお互いのパートナーの職場の交友関係に、どこまで介入しているのでしょうか?

夫の職場の人にお歳暮や年賀状を送っている妻は約3割

今回ご紹介するのは「ゲンナイ製薬株式会社」が既婚の男女を対象に行なった「パートナーの職場の交友関係に関するアンケート調査」。まずはお互いのパートナーの職場関係に対し、「年賀状」と「お歳暮」のやりとり、さらに「家族ぐるみでのつきあい」についての実態について調べています。長らく職場の人と良好な人間関係と築くうえで欠かせなかった風習ですが、現代ではどのくらい取り入れている人がいるのでしょうか?気になる調査結果は以下の通りです。

年賀状もお歳暮もなく、家族ぐるみの付き合いもナシ。それらの役目は徐々になくなりつつあるのでしょうか?

データをみると、どの項目も「していない」を示すグレーゾーンばかり!特に目立つのは上段の男性の回答で、妻の職場の人とお中元やお歳暮のやりとりをしている人はわずかに3.7%。また年賀状のやりとりや家族ぐるみの付き合いは1~2割に留まっていることが分かりました。一方妻側は夫側よりも「していない」が少ないものの、どの項目も3割ほど。これからの季節はまさにお歳暮と年賀状のシーズンですが、妻が夫の職場関係にお歳暮やお中元を贈っている割合は37.3%。一方、年賀状も36.0%とほぼ変わらない割合となっています。

1 2