仕事&マネー 同期で出世が早い人も出てきて、できる同僚といつも比較されています。精神的にキツイです。ゆりりんさん(32歳 IT会社勤務)

入社10年目になると、同期の出世頭から役職者が出てきて、職位で差がつき出す頃ですよね。30代になって同期はリーダー職だけど、じぶんはまだメンバー…だと確かに焦りも出てきますよね。 ボクも40歳になって気づきましたが(笑)、20代や30代前半の昇進とか実績って、自信にはなるけどその後の成長の糧になるかというと、そうでも無かったりします。はたらく世代のキャリアは、10年単位のエレベーターのようなもの。それぞれの10年でテーマが変わってきます。

img_careerup_q3_1

A「人生エレベーター」の上のフロア(40代以上)で素敵なキャリアの景色を観るには、20〜30代のフロアでは成功や昇進よりもほろ苦い失敗やまわり道を積むことが、実はいちばんの近道かも。

catch_icn_a0520代は、ジブンのスキルを高めるのに精一杯。目の前のしごとをじぶんの力でこなしていけるようになるのが楽しくてしょうがない時期です。この時期はしごとの基本的なスキルをなるだけ身に付けておけば十分かな…とも想います。
30代は、やりたいコトが大きくなって、じぶん一人の力だけではやりたいコトが出来なくなる。じぶんのスキルを伸ばすよりは、周りを動かす場数を踏んで、周りを動かすお作法を身につける時期です。
40代は、さらに視野が広がって、組織を動かすお年ごろ。マネジメントのお作法を学んで試して、大きなコトを実現する10年です。
そして50代以降は、社会を動かすくらいのコトができる、視野や経験が身についているお年ごろだと想います。

人生エレベーターの40代や50代のフロアで見る景色を頭の片隅でイメージすると…、むしろ20代や30代は、ほろ苦い失敗や苦労したまわり道のような経験をどれだけ積み重ねるかがダイジな気がします。じぶんが組織や社会を動かすお年ごろになった時、ほろ苦い経験やまわり道での想いや気づきが、組織や社会との共感を築く大きな武器になります。

同期に出来てじぶんに出来ないコトを探すより、じぶんに出来る「周りを動かすお作法」を見つける工夫を、試行錯誤しながら1, 2年つづけてみてください。30代のフロアがずいぶん明るくなってきますよ♪

賢人のまとめ

「人生エレベーター」の上のフロア(40代以上)で素敵なキャリアの景色を観るには、20〜30代のフロアでは成功や昇進よりもほろ苦い失敗やまわり道を積むことが、実はいちばんの近道かも。