仕事&マネー 資料の入力作業をやってます。毎日たくさんの項目を入力する大事な作業なのですが、単調でモチベーションが下がりがちです。単純作業でやる気が上がる方法を教えてください。U・Rさん(25歳・旅行代理店勤務)

Aやる気をアゲるコツは「ゲーム感覚」です。

伝票や案件情報のシステム登録、顧客への郵送物の準備などなど、単純だけどたくさん量をこなさないといけない、必要な作業ってありますよね。
やる気が下がりがちな単純作業のときに上手に気持ちをアゲていくには一つ工夫が必要です。

それは、「ゲーム感覚」。

ゲームって一つひとつ進んでいくのを、分かりやすく、わくわくするカタチで表現しますよね。アレと同じお作法を取り入れた、目の前の一つひとつの作業の進み具合を、楽しんで管理する作業管理表を今回はご紹介します♪

0204carrer

どんな作業管理表かというと…画像のイメージみたいなマス目の「表」です。作業が一つ終わるたびに、マス目を一つずつ消しこんでいく表です。これだけならただの「表」ですが、マス目の消しこみにあなたのいちばん大好きなキャラや絵のスタンプとかシールを使うところがポイント。これだけでぐんと気分がアガります♪

作業の管理表に使う紙は、A4でもおおきなポストイットでも構いません。じぶんが使いやすい紙を用意してくださいね。
その紙に表を書くときは、作業の回数が進んでもマスの数を数えやすいように、ヨコは10列か5列にしておくと便利です。マスの大きさは、スタンプやシールがじゅうぶん入るくらいのサイズにすること。これだけで作業管理表は「完成」です。
実際に表につけてくスタンプやシールは、あなたがいちばん大好きなキャラや絵にしましょう。ちょっと恥ずかしいときは、じぶんの手帳とかに作業管理表をつくれば周りに見られにくいですよ。

チームや課の中で使う作業管理にも「ゲーム感覚」は応用できます。さすがにキャラクターのスタンプやシールだと好みが分かれるかもしれませんが(笑)、終わった回数分のマスの色を、みんなが好きで安心する色(青とか緑とか)で塗るだけで、効果が出ます。そういうExel表を作ってみると、組織のみんなが使いやすくなります。♪
子どものころ、こういう表はいっぱいありましたよね。お花のシールが欲しくてラジオ体操に行ったりとか、塾に行ったりとか…。それだけで気分がアガります。

大人になってもその心理は同じ。しごとにゲーム感覚を取り入れて、楽しんで作業できる環境を、じぶんのためにこそつくってあげましょう♪

賢人のまとめ

単調な作業のときこそ、ゲーム感覚を取りいれて、気分のアガる作業管理表をつくってじぶんや周りのモチベーションがアガるしくみをつくりましょう♪