仕事&マネー 最近残業が多く、プライベートの時間もしっかり持とうと思ってます。しごととプライベートを両立するコツがあったら教えてください。S・Mさん(官公庁勤務)

第3の、じぶん~パブリックとは、例えばボランティアだったり、習い事だったり、地域のつながりだったり。しごとじゃない、家族友人でもない、もうひとり。「ソーシャルなじぶん」の居場所です。

ボランティアして意識高い人になろう!社交的になろう!という意味ではありません(笑)。パブリックのじぶんを持つこんなメリットを活かす、という考えかたです♪

• 視野が広がる

しごととプライベートだけでは、世の中をみる視野がどんどん限られてきます。いつもとちがう体験は視野を広げてくれます。

• つながりが、ひろがる

立場や世代のちがう人たちとのつながりは、すごく貴重。まったく新しい縁がひろがる確率が高まります。

• ワーク・ライフと相乗効果

パブリックでの気づきを、しごとやプライベートに還元できます。コミュニケーションや考えかたを磨くきっかけになります。

素敵な毎日を送るには、気づきやシゲキが必要。しごととプライベートの時間の調整じゃなくて、「3つのじぶん」を持ってみることがその近道だと思います♪

賢人のまとめ

しごととプライベートに「もうひとりのじぶん」を加えた「ワーク・ライフ・パブリック」が、素敵なバランスの近道です♪

1 2