仕事&マネー 【脱貧困!】貯金100万円、ローン返済が月3万のアラサーOL。貯金と返済、どっちを優先すべき?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、派遣社員として制作会社に勤める伊藤純子(仮名・29歳)さんさんから。

「都内一人暮らしです。27歳のときに、200万円のローンを組んで美容整形と脂肪吸引をしました。利子を含めたその返済が月々3万円、あと2年半残っています。現在、貯金が100万円ほどあるのですが、一気に払いきってしまったほうがいいでしょうか?」

森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

金利が高い医療ローン

借金は、その名の通り、お金を借りること。どこで、誰から借りるにしても、「お金」という、同じものを借りることになります。しかし、A社から借りるのとB社から借りるのでは、金利も返済期間も返済方法も変わります。世の中にはお金を貸してくれるところは星の数ほど存在し、その名前も形も様々です。融資、カードローン、消費者金融、リースなどなど。キャッシングや分割払い・リボ払いなど、親しみやすく感じる名称もあると思いますが、すべて「借りているお金」で、高い利子をつけて返さなくてはならないものです。名前や形が変わっても、借金であるという事実は変わりません。

相談者さんのケースもそうですが、美容整形など保険のきかない手術は、個人の支払いが高額になります。そのため、美容系クリニックや美容外科の多くは、各々、独自のローンを用意しています。
これらは、「医療ローン」「医療クレジット」「メディカルローン」などと呼ばれており、多くはノンバンク系の信販会社が扱っています。施術を受けるクリニックが提携するローンは、クリニック従業員も説明に慣れているため、話の流れで気軽に申し込めてしまいます。一方で、審査はあるものの、簡単に、早く借りられてしまう点が問題でもあります。こうしたローンは金利の面で非常に不利な場合が多く、一般的には、カードローンよりも高い金利負担になってしまうからです。

1 2 3