仕事&マネー 【脱貧困!】独身アラサーOLの初めてのハワイ。クレジットカードと現金の賢い使い分けは?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、清川博美さん(仮名・制作会社勤務・28歳)からの質問です。

「8月に初めてハワイに行きます。海外旅行での支払いはクレジットカードのほうがいいと聞きますが、特に海外で安心、というカードはありますか? また、現金はいくらくらいもっていくべきなのでしょうか」

独身アラサーOLの渡航先で人気のハワイ。楽しく賢く満喫したいですよね。森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

海外で盗まれたり落としたりした現金は戻ってこない確率大

外務省のデータに、日本人の渡航先でのトラブルについてまとめたものがあります。観光旅行、海外留学、海外赴任中にどんな事故や災害、傷害や窃盗などの犯罪被害などに巻き込まれたかをまとめ、公表しています。

その資料によれば、在外の大使館が援護を行なったトラブルのうち、一番多いのは窃盗被害です。こうしたトラブルのうち約3分の1にも上ります。そして、2番目に多いのは遺失、つまり落とし物です。これは全体の2割程度になります。

また、金額の少ない窃盗や落とし物は、援護を求める事なく泣き寝入りをするケースも少なくありません。それを考えると、何かを盗られてしまったり落としてしまったり、といったトラブルのリスクはさらに大きいと考えられます。

ハワイに限らず、海外でお財布等を落としてしまった場合、手元に戻る可能性は低いと思ってください。また、お財布が戻ったとしても、現金は抜き取られているということがほとんどです。

そして、大量の現金を持ち歩いているように見えれば、盗難などのターゲットにもなりやすくなります。そのため、クレジットカードが推奨されているのです。支払いがスマートということもありますが、盗難や窃盗のトラブル回避のためにも、クレジットカードのほうが安心、という考え方です。

 

海外旅行での賢いクレジットカードの使い方

万が一、盗難や紛失のトラブルがあった場合、クレジットカードであれば被害を最小限に食い止めることができます。カード会社に連絡し、利用停止手続きを行なえば、以降、不正利用されることはありません。また、盗難届を出すことなどで、補償を受けられる場合もあります。盗難などに遭った場合にカード利用を止めるため、カード会社の電話番号などは必ず控えておくようにしてください。

連絡先はカード契約時の書類からも確認できますし、各カード会社のホームページにも掲載されています。

さらに、クレジットカードを持っていると、現地にあるATMで現地通貨を引き出すことができます。

加えてクレジットカードには、ANA VISAカードや三井住友VISAクラシックカードなど、海外旅行傷害保険が付帯していたり、楽天ゴールドカードやJCB GOLD EXTAGE(29歳以下限定)など、空港ラウンジが無料で利用できたりするものもあります。

質問者さんの「いくら持っていけばいいか」ですが、それは、その人それぞれの旅行内容による、ということになってしまいます。現地の屋台でのショッピングや、タクシーの乗車、参加するオプショナルツアーの支払いなどの中には、クレジットカードが使えないものもあるでしょう。そのために、一定の現金は持ち歩く必要がありますね。

1 2