仕事&マネー 【脱貧困!】ブラックすぎて会社辞めたい…。退職後、失業保険だけで暮らしていける?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、野田よう子さん(仮名・IT関連会社勤務・27歳)からの質問です。

「27歳会社員です。今勤めている会社がブラックすぎて、辞めたいと思っています。しばらく休みたいと思っているのですが、数か月でも、失業保険だけで生きていくことはできるのでしょうか……。また、失業保険がもらえないということはありますか?」

さっそく、森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

自己都合の退職で失業給付を受けるための2つの条件

失業保険とは、雇用保険に加入していた人が失業してしまった場合に支給される制度です。一時的に、「職を失ってしまった方が、失業中の生活を心配することなく新しい仕事を探し、1日も早く再就職をしてもらおう」という目的のもの。

退職理由には大きく「会社都合」と「自己都合」があり、失業給付においては、これが大きなポイントになってきます。

会社都合とは、会社の倒産や解雇など強制的に退職させられた場合です。一方、自己都合とは、労働者側の意思や都合で退職を申し出る場合です。

失業給付を受けられるかどうかは2つ条件があります。相談者さんは、ご自身で退職を考えているということなので、自己都合の退職を前提にお話します。

条件のひとつ目は雇用保険の加入期間です。離職前の2年間に12か月以上雇用保険に加入していることが条件になります。

ふたつ目は、「失業の状態」にあることです。「失業の状態」とは、本人に就職する意思と能力があり、実際にハローワークで求職の申し込みを行ったり積極的に就職活動を行なっているものの就職できない状態です。病気やその他家庭の事情などにより、すぐに就職できないときや休養しようと思っている場合には失業給付を受ける事はできません。

つまり、相談者さんのように「休みたいから」という理由は、給付の条件から外れてしまうということになります。

1 2 3